鹿島がレアル相手に真っ向勝負。欧州との差は縮まっていると証明した

Jリーグ27年からチョイス!
『私のベストチーム』
第5回:2016年の鹿島アントラーズ

 Jリーグ史上最強だったのは何年のどのチームか。ある1シーズンに発揮された強さなのか。歴代最強なのか。後者だとすれば、サッカーは常にチーム力が右肩上がりを示す競技なので、該当するのは最近のチームになる。10年前、20年前のサッカーは、いま見るとユルユルだ。選手のクオリティを比較しても大きな差がある。戦術、技術は飛躍的に上がっている。当時のチームと現在のチームが戦えば、現在のチームの方が優勢であることは間違いない。

「昔はよかった」と言う気が起きにくいところが、サッカーの特徴ではないか。他の競技との違いではないか。

鹿島がレアル相手に真っ向勝負。欧州との差は縮まっていると証明した

クラブW杯決勝でレアル・マドリードを追い詰めた鹿島アントラーズの遠藤康

 Jリーグの場合はなおさらだ。Jリーグは、チャンピオンズカップがチャンピオンズリーグ(CL)に名称を変えたのと同じタイミングで発足した。それぞれには同じ27年間の歴史がある。JリーグとCL。両者は27年前、同じサッカーでもまったく別の競技に見えた。

 だが、現在はどうだろうか。CLが身近な存在になり始めたのは2001年(2001-02シーズン)、稲本潤一(SC相模原、当時はアーセナル)が日本人初のチャンピオンズリーガーになった頃からだと思うが、以降、その数は徐々に増え、現在では延べ18人を数えるまでになった。

“日本代表級”と”CL級”が、もう少しで一致を見るところまで迫っている。サッカーの中身も、かつてほどの開きはない。それを証明したのが2016年のクラブW杯だった。

 この年、Jリーグのチャンピオンシップで、川崎フロンターレ(準決勝)、浦和レッズ(決勝)を破り、年間王者に輝いた鹿島アントラーズは、日本で開催されたクラブW杯に自国枠で出場した。

 中4日で戦ったオークランド・シティ(オセアニア代表/ニュージーランド)に2-1で逆転勝ちすると、準々決勝でマメロディ・サンダウンズ(アフリカ代表/南アフリカ)に2-0、準決勝でアトレティコ・ナシオナル(南米代表/コロンビア)を3-0と、強豪相手に立て続けに完封勝利を収め、日本勢として初めて決勝に進出した。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「鹿島アントラーズ + 移籍」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「鹿島アントラーズ + 内田篤人」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 内田篤人」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月11日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 鹿島アントラーズ Instagram
  2. 鹿島アントラーズ 内田篤人
  3. 鹿島アントラーズ 小笠原満男

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。