泣き崩れた中村憲剛の姿を忘れない。2017年の川崎は本当に勝負強かった

Jリーグ27年からチョイス!
『私のベストチーム』
第7回:2017年の川崎フロンターレ

 いつだったか、中村憲剛に聞いたことがある。J1で初優勝した2017年の川崎フロンターレは、自身にとってどんなチームだったかと——。

 中村は予想どおり、「ひと言で表現するのは難しい」と返答した。

泣き崩れた中村憲剛の姿を忘れない。2017年の川崎は本当に勝負強かった

中村憲剛は2017年のチームを「ひと言で表現するのは難しい」と語った

 その時点で川崎に加入して15年目のシーズンだっただけに、「そうだよね」とうなずいた。ただ、彼は一拍、間を置いたあと、当時を思い出すかのようにこう続けた。

「今までで一番、強かったかもしれないですね。足りないところを埋めて、勝負強さを出せたチームだった」

 3年前のことだけに、振り返るにはまだ、それほど月日は経っていないのかもしれない。それでも2017年12月2日、等々力陸上競技場で見届けた光景は、今も記憶に強く焼きついている。

 思い返せば2017年のJ1最終節を前に、首位に立っていたのは鹿島アントラーズだった。

 2位につけていた川崎との勝ち点差は2。鹿島は勝利すれば優勝が決まる状況だった。一方の川崎は、優勝するには勝利が絶対条件なうえ、鹿島の結果次第だった。


 優勝を取材したいメディアは、鹿島がジュビロ磐田と対戦するヤマハスタジアムと、川崎が大宮アルディージャを迎え撃つ等々力に二分されることになる。

 テレビや新聞などの媒体は、それぞれの会場に人員を配置できるだろうが、フリーランスのライターの身体はひとつしかない。試合は同時刻に行なわれるため、どちらに向かうか決めなければならなかった。

 正直に言えば、筆者も迷いに迷ったし、悩むに悩んだ。しかし、それまでの戦いを振り返った時、等々力に引き寄せられるポイントがいくつもあった。

 その年から鬼木達監督が率いるようになった川崎は、「うまいチーム」から「強いチーム」へと変貌を遂げていた。

 前任者である風間八宏監督は超攻撃的なサッカーを展開するチームを作り上げていった。そして、指揮を引き継いだ鬼木監督はそのチームのよさを活かしつつ、守備にも着手。2017年シーズンに臨むにあたって、選手たちにこう説いていたという。

「攻撃できない時は必ずある。その時は守ろう。守れる力があれば、また攻撃することができる」


あわせて読みたい

中村憲剛のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「中村憲剛 + 年俸」のおすすめ記事

「中村憲剛 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

「中村憲剛 + twitter」のおすすめ記事

「中村憲剛 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュース

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月13日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 中村憲剛 twitter
  2. 中村憲剛 年俸

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。