大坂なおみ、恥じらいを感じた初クレー。苦手だからこそ見える成長の証

「オーマイゴッド! 私ったら何を考えていたのかな? ハードコートに戻してー!……っていう感じ」

 恥じらいの笑みをこぼしつつ、彼女がそう言ったのは、4年前の2016年。欧州のレッドクレーコート(赤土)で、初めてプレーした時のことだった。

大坂なおみ、恥じらいを感じた初クレー。苦手だからこそ見える成長の証

初めて全仏のクレーコートを経験した当時18歳の大坂なおみ

 テニスのコートには複数の種類があり、最も普及しているのはハードコート。ただ、4大大会のひとつである全仏オープンは、砕いたレンガを表面に敷きつめた赤土のそれで行なわれ、全仏前の約1カ月間は、欧州の複数都市でレッドクレーの大会が開催される。

 クレーコートの特性は、バウンド後にボールが上方に弾み、球速も削がれるため、ラリーが長く続きやすい。また、表面は均一ではなく、ボールのイレギュラーが多いので、忍耐力と適応力が求められるコートだと言える。

 足もとが不安定で滑るため、クレーコートに適したフットワークや、走りながらもバランスを崩さぬフィジカルの強さも不可欠だ。それら、ユニークで時に残酷な顔を持つ赤土のコートは、主にハードコートで育ってきた北米やアジアの選手たちの前に「鬼門」として立ちはだかることも珍しくない。


 大坂なおみにとっても欧州の赤土のコートは、18歳になるまで足を踏み入れたことのない未知の戦場だった。

 もし彼女が10代半ばからジュニアサーキットを転戦していれば、全仏オープンジュニアなどに出場し、もっと早い段階で赤土に立っていた可能性もあっただろう。ジュニアのプロセスを踏まず、14歳からプロとして戦ってきたがために赤土デビューがWTAツアー大会、というあたりに彼女のスケール感が投影されもする。

 いずれにしても、大坂のレッドクレー初経験は4年前の今頃であり、18歳の彼女は自信を胸に褐色のコートへと向かっていった。

 たしかにレッドクレーの経験こそないが、彼女が育ったフロリダには”グリーンクレー”と呼ばれるコートがあり、そこでは幾度もプレーしている。だから彼女は「私、レッドクレーも得意だと思うの」と、渡欧前には不敵な笑顔すら見せていた。

 その2カ月後——。彼女は気恥ずかしさのにじむ笑みとともに、冒頭の言葉をこぼす。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大坂なおみ + twitter」のおすすめ記事

「大坂なおみ + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「大坂なおみ + Instagram」のおすすめ記事

「大坂なおみ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「錦織圭」のニュース

次に読みたい関連記事「錦織圭」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月16日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 大坂なおみ Instagram
  2. 大坂なおみ twitter

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。