ベイ史上最高の投手になったクルーン。活躍の裏にあった大魔神との絆

日本プロ野球「我が心の最良助っ人」
第5回 マーク・クルーン(横浜、巨人)

 1950年に創設された大洋ホエールズ時代を含め、ベイスターズで最初に大成功を収めた外国人ピッチャーといえば、2005年から2007年にかけて所属したマーク・クルーンではないだろうか。

ベイ史上最高の投手になったクルーン。活躍の裏にあった大魔神との絆

来日1年目に当時日本最速となる161キロを記録したクルーン

 ことバッターに関していえば、山下大輔や田代富雄に多大な影響を与えたクリート・ボイヤーを筆頭に、ジョン・シピン、フェリックス・ミヤーン、レオン・リー、カルロス・ポンセ、ジム・パチョレック、R.J.レイノルズ、グレン・ブラッグス、そして1998年の日本一の立役者になったロバート・ローズなど、チームの顔となった外国人選手は枚挙にいとまがない。

 ところが外国人ピッチャーは、クルーンが現れるまでほとんど活躍することはなかった。強いて挙げれば、2003年に8勝したドミンゴ、2004年から2年連続して7勝をマークしたセドリックぐらいだろうか。

 だがクルーンは、長い四肢から繰り出される快速球を武器にベイスターズに欠くことのできない存在となった。

 来日1年目の2005年4月30日の中日戦で、当時日本記録タイとなる158キロをマークすると、5月11日の楽天戦では日本記録となる159キロ。さらに7月19日の阪神戦で161キロを叩き出し、甲子園に訪れていた観衆の度肝を抜いた。

 この自慢の快速球はクルーンを語るうえで必要不可欠なものではあるが、それよりも重要とおぼしき出来事に、一時代を築いた”大魔神”佐々木主浩の薫陶を受け、新たなクローザーとして君臨したことが挙げられる。

 2004年にメジャーからベイスターズに復帰した佐々木は、以前と変わらずクローザーを任されていたが、次第にリリーフに失敗する機会が多くなり、2005年8月に地元・仙台での巨人戦を最後に現役引退した。

 その時、涙を浮かべてマウンドを降りる佐々木に真っ先に駆け寄ったのが、クルーンだった。

「僕にとってササキさんは、メジャーの成績を見てもわかるように憧れのピッチャーだった。アメリカ時代に知り合って、いろんな話をしてかわいがってもらった。日本に来ることになって、同じチームにササキさんがいるのはすごく心強かったよ。日本の野球や文化についてアドバイスしてくれたり、オフには一緒に食事やショッピングに連れて行ってくれたり、僕にとってはお兄さんのような存在だった。

 だから、ササキさんの引退試合は悲しかった。投げるたびに鳥肌が立ったし、マウンドからベンチに戻ってくる時は涙が出そうだった。僕は与えられた仕事をまっとうしようと、より強く思ったよ」


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月22日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。