瀬戸大也が初五輪で知った金の重み「大舞台で力を出し切った人が獲るもの」

瀬戸大也が初五輪で知った金の重み「大舞台で力を出し切った人が獲るもの」
       

東京五輪&パラリンピック
注目アスリート「覚醒の時」
第12回 競泳瀬戸大也
リオデジャネイロ五輪 400m個人メドレー(2016年)

 アスリートの「覚醒の時」――。

 それはアスリート本人でも明確には認識できないものかもしれない。

 ただ、その選手に注目し、取材してきた者だからこそ「この時、持っている才能が大きく花開いた」と言える試合や場面に遭遇することがある。

 東京五輪での活躍が期待されるアスリートたちにとって、そのタイミングは果たしていつだったのか……。筆者が思う「その時」を紹介していく――。

瀬戸大也が初五輪で知った金の重み「大舞台で力を出し切った...の画像はこちら >>

リオ五輪の400m個人メドレーでは、同世代の左から瀬戸大也、萩野公介、チェイス・カリシュの3人が金メダルを争った

  瀬戸大也は2019年世界選手権で、個人メドレーの200mと400mで優勝して東京五輪内定を勝ち取り、200mバタフライでも銀メダルを獲得した。いまや名実ともに日本競泳界のエースとなった彼の飛躍のきっかけは、オリンピック初出場の2016年リオデジャネイロ五輪だった。

 瀬戸には、幼い頃から同学年のライバル・萩野公介という存在がいる。中学2年で出場したJOCジュニアオリンピックカップ400m個人メドレーで、瀬戸は萩野に初勝利をおさめたが、萩野は高校1年でパンパシフィック選手権の代表に入ると、高校3年の2012年にはロンドン五輪に出場。400m個人メドレーで銅メダルを獲得し、ライバルは常に瀬戸の一歩先を行っていた。

 萩野はさらに、2013年の日本選手権で個人メドレー200mと400mで日本記録を更新。史上初の5冠を達成して日本のエースに成長した。8月の世界選手権では800mリレー以外の個人で5種目に出場し、そのすべてで決勝進出を果たした。そして、400m自由形と200m個人メドレーで銀メダルを獲得する充実ぶりを見せた。


当時の記事を読む

瀬戸大也のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「瀬戸大也」に関する記事

「瀬戸大也」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「瀬戸大也」の記事

次に読みたい「瀬戸大也」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 瀬戸大也 W杯
  2. 瀬戸大也 五輪
  3. 瀬戸大也 大会

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。