折茂武彦が語る今の日本バスケ界。「羨ましくないと言えば嘘になる」

レジェンド・折茂武彦が引退を語る(後編)

 5月3日にオンラインで引退会見を開いた折茂武彦(レバンガ北海道)。後半では、四半世紀を超える競技生活、そして日本バスケの未来を語ってもらった――。

折茂武彦が語る今の日本バスケ界。「羨ましくないと言えば嘘になる」

無観客の川崎戦が、折茂武彦にとってレギュラーシーズン最後の試合になった

 3月15日、川崎ブレイブサンダース戦。

 3Q、残り4分28秒、折茂の代名詞でもある、3Pシュートがリングを射抜く。これが通算1万238点目にして最後の得点となった。

 4Q、残り2分31秒、折茂は交代しコートを去る。直前のプレーは、チームメイトのマーキース・カミングスが中央からドライブ。折茂はコーナーで手を挙げボールを待つが、カミングスがファールを受け、折茂の構えた手にボールが渡ることはなかった。

「競技生活の長短に関わらず、悔やむことはいくらでもあるはず。これでよかった、後悔のない競技生活なんてないとずっと思っていました。だから、あれでいい。そういうバスケット人生だったんだなと。最後の試合だけではなくバスケット人生、いろんなことがたくさんありすぎて、何かワンプレーを切り取ってどうこう言うつもりはないです……それでも、あれが最後かと思うと、少し寂しいというのが本音かもしれません。キャリアで初めての無観客試合だったということも含めて」

 キャリア晩年にBリーグが誕生、男子バスケの日本代表は1976年モントリオール大会ぶりの東京オリンピック出場も決まっている。どんな答えが返ってきたとしても、何かが変わるわけではないことをわかりながらも聞いてみたくなる。

――生まれるのが少しだけ早かったとは思いませんか? 

「ずっとプロに憧れ、ずっとアマチュアであることにジレンマを感じ、オリンピックに出なければ日本バスケは変わらないと強く思い、オリンピックを目指してきました。今、その全てが現実になっている。当たり前のように満員の観客の前でプレーできるようにもなった。羨ましくないと言えば正直嘘になる。

 ただ同時に、”僕らの時代があったから、君たちの時代があるんだよ”とも思う。苦しい時をもがいてきた俺たちの時代、さらにその前にいた人たちの時代、そんな時代があるから今があるんだと。日本バスケにとって幸福な今に至るまでの過程の一部分に携われたことは、掛け値なしに幸せです。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「バスケットボール + B.LEAGUE.」のおすすめ記事

「バスケットボール + B.LEAGUE.」のおすすめ記事をもっと見る

「バスケットボール + 日本代表」のおすすめ記事

「バスケットボール + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「陸上競技」のニュース

次に読みたい関連記事「陸上競技」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. バスケットボール B.LEAGUE.
  2. バスケットボール 日本代表

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。