鈴木大輔が驚いたリーガの競争の激しさ「打ちひしがれるときもあった」

鈴木大輔が驚いたリーガの競争の激しさ「打ちひしがれるときもあった」
拡大する(全1枚)

リーガに挑んだ日本人(11)

 2015年まで、リーガ・エスパニョーラに挑んだ日本人は、全員が攻撃的なポジションの選手たちだった。

 欧州全体を見渡せば、攻撃の一手ともなるサイドバックに関しては、内田篤人鹿島アントラーズ)、長友佑都(ガラタサライ)、酒井高徳ヴィッセル神戸)、酒井宏樹(マルセイユ)など、多くの選手が戦いの成果をあげていた。中田浩二も、守備的なユーティリティとしてバーゼルなどで活躍。ただしセンターバックは希少で、ほぼ吉田麻也(サンプドリア)の独壇場だった。

 リーガ・エスパニョーラでも、かつて田中闘莉王マルクスの獲得の噂が流れたものの、実現していない。ひとつの理由は体格的な問題があるだろう。日本人はどうしてもサイズ的にパワーの面で劣る。また、後方中央の選手(GKも含めて)はコミュニケーションが重要で、日本人には言葉のハンデがあった。

鈴木大輔が驚いたリーガの競争の激しさ「打ちひしがれるときもあ...の画像はこちら >>

2016年から2シーズン半、ヒムナスティック・タラゴナでプレーした鈴木大輔

「日本人選手のセンターバック」

 その発想はなかった。

 鈴木大輔(現浦和レッズ)は、閉ざされていた扉を開けて踏み入ったのである。

 2016年1月1日、柏レイソルに所属していた鈴木大輔は、自らクラブとの契約を解消した。スペイン1部のラージョ・バジェカーノから打診はあったものの、合意はなかった。

「このタイミングしかない、と。厳しい場所に身を置いた時に成長してから、これが自分の道だと思っていました」

 鈴木は当時、心境を語っていた。

 スペインのクラブを中心に移籍先を打診したが、1月末に移籍マーケットが閉まってもオファーはなかった。2月に入って、フリーの鈴木は状況的に追い込まれ、Jリーグのクラブに再入団する選択肢も出てきた。しかし彼はそれを断って、機会を待ち続ける。

 その結果、リーガ2部のヒムナスティック・タラゴナからの「練習参加」のオファーをつかむ。翌日にはスペインへ飛び、そこで僥倖があった。ヘッドコーチのナノ・リバスは、2013年アジアチャンピオンズリーグ(ACL)で戦った貴州人和のセンターバックだったのである。そのシーズン、鈴木はACLベスト11(ドリームチーム)に選出され、柏のベスト4進出に貢献。当時の好印象は、押しの一手になった。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月28日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。