大坂なおみに足りなかったもの。18年全豪で大きなイメージ変化があった

東京五輪&パラリンピック
注目アスリート「覚醒の時」
第16回 テニス大坂なおみ
全豪オープンテニス大会(2018年)

 アスリートの「覚醒の時」――。

 それはアスリート本人でも明確には認識できないものかもしれない。

 ただ、その選手に注目し、取材してきた者だからこそ「この時、持っている才能が大きく花開いた」と言える試合や場面に遭遇することがある。

 東京五輪での活躍が期待されるアスリートたちにとって、そのタイミングは果たしていつだったのか……。筆者が思う「その時」を紹介していく――。

大坂なおみに足りなかったもの。18年全豪で大きなイメージ変化があった

2018年全豪で大坂は、明るい表情で練習に臨み、試合もポジティブな姿勢で戦った

 2018年9月、当時20歳の大坂は、全米(US)オープンで、自身初のグランドスラムタイトルを獲得し、日本テニスにおいて男女を通じて初めてシングルスのメジャータイトルを獲得した選手となった。

 続く2019年1月、全豪オープンの女子シングルスでも、日本人として初優勝を果たし、グランドスラム2連勝という偉業をやってのけた。同時に、日本人選手で初めてWTAランキング1位を記録し、21歳の若さで世界の頂点を極めた。

 今や大坂が、世界を代表するプロテニスプレーヤーであることは間違いない――。

 彼女のプレーを初めて見たのは、今から6年前の2014年4月29日、ITF岐阜大会の1回戦だった。

 こんなに速いサーブを打てる日本女子選手がいるのか――。

 1回戦は、雨天のためインドアテニスコートに場を移して行なわれたため、余計に彼女のサーブの速さが際立っていた。おそらくファーストサーブは、時速170~180km台を叩き出していたと思う。当時16歳の大坂は、すでに180cmの長身で、日本人離れしたパワーを持ち合わせ、それまで日本女子プロテニス選手にはなかったスケールの大きさを感じさせた。

 一方、荒削りなテニスでミスが凄まじく多かった。第1セットを取りながらも、自らのミスの多さで逆転負けを喫し、1回戦で終わってしまった。

 このとき大坂は、父親のレオナルド氏と、2歳上の姉・まり氏の3人でいつも行動していた。大会会場と岐阜市街にあるオフィシャルホテルを結ぶシャトルバスで、大坂親子と乗り合わせることもあり、レオナルド氏が笑顔で、姉妹のスナップ写真を撮る微笑ましい姿を目にすることもあった。

 大坂は、翌年の同大会にも出場すると、17歳で準優勝を飾った。この大会は、WTAツアーより下部大会ではあるが、ITF大会の中ではグレードの高い方で、17歳で簡単に決勝へ勝ち上がれるものではない。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大坂なおみ + twitter」のおすすめ記事

「大坂なおみ + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「大坂なおみ + Instagram」のおすすめ記事

「大坂なおみ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「錦織圭」のニュース

次に読みたい関連記事「錦織圭」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月1日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 大坂なおみ Instagram
  2. 大坂なおみ twitter

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。