コントレイルに重ねたディープの姿。ダービー圧勝→無敗の三冠馬親子誕生か

 今年の3歳春のクラシックは「無敗」がキーワードだった。

 牝馬のデアリングタクトに続いて、牡馬もGI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)を制したコントレイル(牡3歳)が、GI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)を快勝。デビュー5連勝を飾って、父ディープインパクト以来となる無敗の二冠馬となった。

 それにしても、強い競馬だった。

 最後の直線、坂を上がったところで追い出すと、ライバルのサリオス(牡3歳)との差をみるみると広げていった。終わってみれば、3馬身差。過去10年のダービーでは、2着馬との差がこれほど開いたことはなかった。

 レース後、主戦の福永祐一騎手は、「直線で(コントレイルは)遊んでいた」とコメント。関係者もそれを聞いて、「(コントレイルが)全速で走ったのは、正味最後の1ハロンくらいでしょう」と語った。

 それでいて、ライバルにそれだけの差をつけるのだから、その能力は計り知れない。

コントレイルに重ねたディープの姿。ダービー圧勝→無敗の三冠馬親子誕生か

ダービーを圧勝して二冠を達成したコントレイル

 無敗の皐月賞馬として臨んだ檜舞台。皐月賞では「2強」、あるいは「3強」と言われたが、今回は単勝1.4倍と、まさにコントレイルの「1強」という状況にあった。

 それでも、その人気が陣営にとって、プレッシャーになることはなかった。それほど、コントレイルという馬の強さに自信があった。

 そして、レースがスタートしてすぐ、その自信は”確信”に変わる。関西の競馬専門紙記者が言う。

「ダービーはメンバーの顔触れからして、テンがドスローになることは目に見えていました。そこで、陣営としては、前半の位置取りが後方になった皐月賞のようなレースだけはしたくなかった。だから、ゲートが開いて、サッと2、3番手のいい位置が取れた時には、(陣営は)早くも『勝った』と思ったんじゃないですか」

 向こう正面に入ると、あまりのスローの流れに嫌気がさしたのか、マイラプソディ(牡3歳)の手綱を取る横山典弘騎手が、馬群の後方からまくり気味に上がっていって先頭に躍り出た。

 今回のレースのなかで、最大のハプニングと言ってもいいかもしれない。

 ともあれ、福永騎手がレース後に話したとおり、そうしたことが起こること、しかも、そうしたことを起こすのが横山典騎手であることは、あらかじめ「わかっていた」という。

 ゆえに、馬も、騎手も、そのハプニングには少しも動じなかった。

 ただ、まくってきた馬が逃げ馬の前に出て、その結果、否応なしにポジションを下げさせられて内に押し込められるのは嫌だった。そうなると、直線に向いた時に馬群に包まれ、出るに出られない、ということが起こりかねないからだ。

 しかしそんな心配も、杞憂だった。

 行きたい馬を先に行かせると、直線を迎えたところで、馬群の外に抜ける進路がぽっかりとできていた。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月1日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。