久保建英=チーム戦術。マジョルカではすでにエースで別格の存在だ

       

リーガに挑んだ日本人(17)

「コミュニケーション力の不足」

 リーガ・エスパニョーラに挑んだ日本人たちは当初、そこで苦しんでいた。他のヨーロッパの国々より、スペインはその点での要求度が高かった。「スペイン語は喋れて当然」の前提だったのだ。

「プレーの適応力」

 次に、それが重くのしかかった。Jリーグ以上のプレー強度の中、技術を出さなければならない。それは生半可なものではなく、適応できないと、すぐに失格の烙印を押された。一度、構想から外れてしまうと、語学のハンデはさらに浮き彫りになった。

 ふたつは絡み合っていたわけだが、どちらもクリアしたと思っても、不運に泣かされるケースもあった。

久保建英=チーム戦術。マジョルカではすでにエースで別格の存在だ

今季はここまで24試合に出場、3得点の久保建英(マジョルカ)

 その点、久保建英(マジョルカ)という日本人選手は、あらゆる面をクリアしたスーパープレーヤーと言える。「リーガに挑む日本人」として、改善点はあっても、不安点はひとつもない。その存在は革命的だ。

 2019年6月、FC東京の久保は18歳になって、レアル・マドリードとの契約を結んでいる。

 プレシーズンはトップチームに帯同。関係者の評価は、チーム内で1、2を争うほどだった。セカンドチームであるカスティージャに残って、トップデビューを狙うのもひとつの手だったが、本人の意志で1部リーグでのプレーを求め、マジョルカへの期限付き移籍を選択した。

 そして2019-20シーズン、久保は24試合に出場し、3得点を記録している。昨年11月にビジャレアル戦で初ゴールを記録し、その前の試合から8試合連続先発出場。その後、途中交代が続いたことで、「限界」を唱える声もあったが、チームの不振と久保のプレーを混同した”中身のない批判”を自らの力で一蹴した。コロナ禍でリーグが中断する前の3試合は2得点でエースの風格だった。

「Tirar del carro」

 それはスペイン語で「荷車を引く」という意味から転じ、「先頭に立って引っ張る」という表現になる。言わば勝利をもたらすエースで、久保にふさわしい称号だ。

 スペイン語が堪能な久保には、コミュニケーションの問題など存在しない。2011年8月から2015年3月まで、バルセロナの下部組織ラ・マシアで過ごした時もそうだったが、彼の強気なパーソナリティは周囲も面食らうほどだった。マジョルカでもチームメイトとのコミュニケーションは良好。豪放磊落な性格で、一目置かれる存在だ。


久保建英のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「フェルナンド・トーレス」のニュース

次に読みたい関連記事「フェルナンド・トーレス」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 久保建英 U-20ワールドカップ
  2. 久保建英 バルセロナ

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。