西川潤にバルサが熱視線。リーガに挑む日本人選手の歴史は続いていく

リーガに挑んだ日本人(最終回)

 短期集中連載「リーガに挑んだ日本人」では、20年以上前から、その挑戦の足跡を振り返ってきた。挑戦者ひとりひとりが、進むべき道を広げてきたのだろう。失敗は成功につながってきた。結果、久保建英(マジョルカ)という”ミュータント”のような選手まで登場したのだ。

 リーガ・エスパニョーラは修羅の場である。どれだけポテンシャルが高くても、コミュニケーションに問題のある選手は、力を出し切れない。また、どれだけ明確な武器があっても、プレー全体に適応できなければ、不要の選手とされる。

 エイバルの乾貴士が成功できたのは、機動力のあるドリブル突破に驕ることがなかった点にあるだろう。課題の守備面でも戦術的に向上。ポジション的優位を確保できるようになり、本来の技術が生きたのだ。

 絶え間ない戦いの中、チーム戦術を完遂し、個人の力を見せつけられるか。その知性と技術がカギになる。次にリーガに挑む日本人は誰になるのか――。

西川潤にバルサが熱視線。リーガに挑む日本人選手の歴史は続いていく

今季J1開幕戦は、ベンチ入りしたものの出番がなかった西川潤(セレッソ大阪)

 4人の「次にリーガに挑む日本人」の候補を選んでみた。

〇西川潤(セレッソ大阪/18歳)

 左利きのアタッカーでトップ、トップ下、サイドアタッカーに適性がある。スペイン語で「Perla(真珠)」と言われる際立った才能だ。

 ポジションを取るうまさがあり、身体的なしなやかさにも恵まれ、ボールプレーで負けない。俊敏でタイミングをずらすドリブルで仕掛けられるだけでなく、ボールを持ってためを作り、有利な味方にパスを出すことができる。左足のキックの質は瞠目に値し、シューターとしての非凡さもU-17ワールドカップで証明している。

 スペイン人好みの日本人選手と言えるだろう。

 事実、2019年夏にはバルセロナが接触。「今年2月の18歳の誕生日を待って(18歳未満の選手の国際移籍は禁止されている)の契約成立」と噂されたが、東京五輪やコロナ禍の影響によって、サインには至っていない。ただ、移籍は秒読みとも言われている。

 仮に移籍が成立した場合、西川は当面バルサBでのプレーになる。その非凡なセンスはバルサというエッセンスを触媒に、大きく変貌を遂げるかもしれない。久保以来、大化けする可能性のある日本人アタッカーだ。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「フェルナンド・トーレス」のニュース

次に読みたい関連記事「フェルナンド・トーレス」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月4日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 久保建英 U-20ワールドカップ
  2. 久保建英 バルセロナ

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。