田中亜土夢が語るフィンランド現地情報「サウナのことも伝えたい」

 今年3月、田中亜土夢は2度目の海外チャレンジを決断した。行き先はHJKヘルシンキ。2015年から2017年まで3シーズン過ごしたクラブだ。今回の契約は7月末までだった。フィンランドは日本と同じ春秋制で、4月にシーズンが始まる。短期間の契約は決意の表れでもあった。

「そのあとはステップアップもしたいし、違う世界も見てみたい」

 2020年前半を古巣ヘルシンキで戦い、夏の移籍市場に間に合わせる。フィンランドは大好きなところだが、現役のサッカー選手としては行ける限りのところまで行きたい。さらに、いろいろな文化に触れて吸収し、知的好奇心も満たしたい。1987年生まれの32歳はそう考えて2度目の移籍を決めた。

田中亜土夢が語るフィンランド現地情報「サウナのことも伝えたい」

7月1日からのフィンランドリーグ開幕を待ち望む田中亜土夢

 しかしそんなプランは、新型コロナの影響で一変した。

 3月上旬、クラブは活動自粛に入った。4月11日の開幕戦に向けてトレーニングを行なっている最中のことだった。加入したばかりの田中も、自宅でクラブから与えられたメニューをこなしながら過ごす日々が始まった。

 オンラインでヘルシンキでの外出自粛の様子を尋ねると、田中からちょっとしたクイズを出された。

「近所の森の中に13キロのジョギングコースがあるんです。自粛期間中に走りに行ったんです。だいたい1時間10分くらいかな。その間に何人とすれ違ったと思います?」

 フィンランドでは、距離を保ったうえでの買い物など、必要な外出は認められており、「散歩はむしろ推奨されていた」というのがヒントだそうだ。スペインやイタリアのように、厳しい外出制限が敷かれていた国もあったが、ヘルシンキの様子はどうだったのか。

「答えは760人です。ふだんより多いんですよ」

 メモを見返しながら、おかしそうに教えてくれた。フィンランドではそれほど厳格な規制は行なわれてないという。加えて、筆者の暮らすドイツもそうだが、北欧には森林で自然を感じることが好きだという人がとにかく多いのだ。

 フィンランドでは4月に入り、グループでの練習が再開された。5月7日には、7月1日にリーグ戦が開幕することを発表。ひと足早く、6月16日にはカップ戦の決勝トーナメント1回戦が予定どおり行なわれる。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月7日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。