池添騎手演出の完璧なアーモンドアイ包囲網。グランアレグリアが安田記念を制覇

       

 出走14頭中、10頭がGI馬という豪華メンバーがそろった今年のGI安田記念(6月7日/東京・芝1600m)。だが、これほどの面々が集結しながら、ファンの視線は1頭の馬に集中していた。

「現役最強馬」と言われるアーモンドアイ(牝5歳)である。同馬の快挙達成――すなわち、史上最多の芝GI通算8勝なるかに多くの関心が寄せられ、単勝オッズは1.3倍。1.7倍だった昨年以上の支持を集めた。

 ところが、アーモンドアイにとって、東京・芝マイルという舞台は”鬼門”だった。昨年の3着に続いて、今年も苦杯をなめた。

 スタートで後手を踏み、4コーナーでは目の前のヴァンドギャルド(牡4歳)が少しバランスを崩して、その影響を受けてしまった。さらに直線を向くと、前も、横も壁となって、追い出しに手間取った。最後は2着まで追い上げて意地を見せたが、多大な人気に応えることができず、日本競馬界初の偉業は果たせなかった。

 そんなアーモンドアイとは対照的に、何もかもがうまくいったのが、見事に戴冠を遂げたグランアレグリア(牝4歳)だった。

 スタートは先行勢ともヒケをとらない発馬を決めると、道中は周りに馬を置かず、中団あたりでノビノビと追走。直線を向くと、あっさりと抜け出して、追いすがるアーモンドアイらを逆に突き放す快走を見せた。


池添騎手演出の完璧なアーモンドアイ包囲網。グランアレグリアが安田記念を制覇

安田記念を快勝したグランアレグリア

 グランアレグリアは、2歳時には2歳女王を決めるGI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)ではなく、あえて「2歳王者決定戦」となるGI朝日杯フューチュリティS(3着。阪神・芝1600m)に挑んだ。そこで、1番人気に支持されたように、早くから優れた能力の片鱗を見せていた。

 その能力が全開になった時は、昨春のGI桜花賞(阪神・芝1600m)や、昨年末のGII阪神C(阪神・芝1400m)のように、後続をあっさりと振り切って、とてつもない強さを見せつける。ただ、うまく勝ちパターンに持ち込めないと、先の朝日杯FSや昨春のGI NHKマイルC(5着。東京・芝1600m)のように、不完全燃焼の結果に終わってしまう。

 負ける時は、共通のパターンがある。外から他の馬に寄せられた時だ。

 こうなると、グランアレグリアのよさは、完全に削がれてしまう。実際、朝日杯FSも、NHKマイルCも、同様のパターンで沈んだ。

 逆に外目を早めに進出するか、外からかぶされる前にいち早く抜け出すことができれば、半端なく強い。このルールさえ守れば、桜花賞や阪神Cの時のように、凄まじい爆発力を見せる。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「マカヒキ」のニュース

次に読みたい関連記事「マカヒキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「サトノダイヤモンド」のニュース

次に読みたい関連記事「サトノダイヤモンド」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スワーヴリチャード」のニュース

次に読みたい関連記事「スワーヴリチャード」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月8日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。