「ホームグロウン卒業生」で編成。最も強そうなJクラブはどこだ

「ホームグロウン卒業生」で編成。最も強そうなJクラブはどこだ

Jリーグが導入した
ホームグロウン制度とは(2)

前回の記事(1)はこちら>>

 Jリーグが昨季から導入したホームグロウン(Home Grown。以下、HG)制度。J1の各クラブに最低2人以上のHG選手の登録を義務づけるもので、それに満たないクラブは不足人数分(最大で2人)、プロA契約の登録選手枠(25人。AFCチャンピオンズリーグ出場クラブは27人)を減らされてしまう。

 昨季は松本山雅が1人しか登録できず、登録枠をひとつ失う憂き目に遭ったが、今季は全18クラブが2人以上のHG選手を登録し、この基準をクリアしている。

 HG選手の最低登録人数については、来季が3人、翌2022年シーズンでは4人に増やされることが決まっているが、今季最も少ない大分トリニータでも4人が登録されており、基準を下回る心配はそれほどないのだろう(2023年シーズン以降は未定。J2、J3も来季までは対象外だが、2022年シーズンは1人の登録が義務づけられる)。

 とはいえ、HG選手の登録人数増は、いわば手段であって、目的ではない。HG制度の真の目的は若年層の育成・強化であり、最終的にHG選手がトップチームに必要とされる戦力になれなければ、本来的には意味がないのだ。

 そこで、今季J1開幕戦を振り返り、各クラブのHG選手がどれだけ試合に出場できたか、あるいはメンバー入りできたか、を見てみたい。

 J1開幕戦に先発出場したHG選手は、総勢43人。以下は、先発出場が多かった上位7クラブ(先発3人以上)である。

サンフレッチェ広島(登録15人)=先発5人、ベンチ入り3人
ガンバ大阪(登録12人)=先発4人、ベンチ入り2人
清水エスパルス(登録12人)=先発4人、ベンチ入り2人
川崎フロンターレ(登録7人)=先発4人、ベンチ入り1人
コンサドーレ札幌(登録9人)=先発4人、ベンチ入り1人
FC東京(登録14人)=先発3人、ベンチ入り3人
湘南ベルマーレ(登録5人)=先発3人、ベンチ入り0人


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェフユナイテッド千葉」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェフユナイテッド千葉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「愛媛FC」のニュース

次に読みたい関連記事「愛媛FC」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月9日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。