エメルソンはサルを連れて練習に。横浜で完結した壮絶サッカー人生

       

あのブラジル人Jリーガーはいま
第5回エメルソン(後編)>>前編を読む

 コンサドーレ札幌、川崎フロンターレ浦和レッズを経て、2005年にカタールのアル・サッドへ移籍したエメルソン。2007年、彼は次のステップとして、ヨーロッパのリーグを狙う。

 フランスのリヨン、リール、サンテティエンヌが彼をほしがったが、最終的に移籍したのはレンヌだった。一番移籍金が高かったのだ。しかし、北フランスの小さな町は、彼の肌に合わなかった。チームも彼を日本やカタールのように特別扱いしてくれず、レギュラーも約束されない。エメルソンは不満だった。

エメルソンはサルを連れて練習に。横浜で完結した壮絶サッカー人生

コリンチャンスではチェルシーを破りクラブ世界一となったエメルソンphoto by Yamazoe Toshio

 一度嫌だと思うと、ブラジル人は我慢できない。ある土曜日の夜、彼はカタールのシェイクに直々に電話をし、アル・サッドに戻りたいと告げた。翌日、シェイクの代理人がフランスにやってきて、レンヌに即決で違約金を払い、エメルソンはまたカタールに帰ることになった。結局彼はフランスで合計101分しかプレーしなかった。こうして彼のヨーロッパでの夢は終わった。

 その後、彼はカタールの国籍を取得し、カタール代表として南アフリカW杯の予選を戦った。しかしこれがまた問題になった。一度どこかの代表でプレーしたことのある選手は、国籍を変えても他の代表チームではプレーできない。これがFIFAのルールである。エメルソンはブラジル代表ではプレーしていないものの、U-20ブラジル代表としてプレーしたことがあった。本来、A代表でなければ問題ないはずなのだが、彼はその時、例の偽の出生証明書で年齢を偽っていた。つまり、その時彼はすでに20歳を超えていたのだ。FIFAは彼がカタール代表に入ることを認めなかった。

 こうして彼は永遠に代表チームでプレーすることができなくなってしまった。カタールでも、そしてブラジルでも。

 それからカタールで1年半ほどプレーすると、名声と大金を持ったエメルソンは国に帰ることを決めた。

「日本の2つのチームからもかなりいいオファーがあった。それを断るのは心が痛んだが、そろそろ家に帰りたくなったんだ。母親の近くにいてやりたかったし、ブラジルのサッカーを、もっと知りたいと思うようになったんだ」


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大分トリニータ」のニュース

次に読みたい関連記事「大分トリニータ」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月10日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. コンサドーレ札幌 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。