日本代表入りの準備OK。ウェルメスケルケン際がオランダで急成長

日本代表入りの準備OK。ウェルメスケルケン際がオランダで急成長
       

 ファン・ウェルメスケルケン際は日本の高校を卒業後、プロサッカー選手を夢見て父の祖国であるオランダに渡った。ドルトレヒトのリザーブチームからコツコツとキャリアを重ねて、2019−20シーズンにオランダリーグ1部所属のズヴォレに入団。念願だったエールディビジの舞台まで上り詰めた。

日本代表入りの準備OK。ウェルメスケルケン際がオランダで急成長の画像はこちら >>

オランダ人の父と日本人の母を持つファン・ウェルメスケルケン際

 際の真骨頂は、”レギュラー落ち”からの復活だ。オランダ2部リーグでプレーしたドルトレヒト時代も、同じく2部リーグのカンブール時代も、シーズン中にレギュラーから外されながらその都度、熾烈なレギュラー争いを制し、正位置を取り返していた。

 2019−20シーズンも同様。前半戦はチームの主力として活躍した際だったが、後半戦はスタメンから外れ、ベンチスタートが多くなってしまった。だが、心配無用。3月にはポジション争いに再び勝ち、見事にスタメンの座を奪取していた。

 さあ、これからだ。

 そんなタイミングで、新型コロナウイルスの感染拡大によってリーグ戦は打ち切りになってしまった。ただ、1部リーグでも十分にやれるという手応えは財産として残った。オランダのトップリーグで過ごした1年を、現在25歳の際に振り返ってもらった。


—— ズヴォレでのエールディビジ1年目を振り返ってください。

「前半戦はスタメン出場が多く、主力としてプレーすることができました。後半戦に入ると、毎シーズンあるように、ちょっとスタメンから外される時期もありましたが(苦笑)。

 でも、オランダでプレーしてきた7年間の蓄積のおかげで、気落ちもせず。試合に出られない時間、いかに自分に投資できるかを追求し、自分を見つめ直すことにもつながりました。ひと皮むけたような強さが備わったと思います」

—— かつてフィテッセ担当として安田理大(現ジェフユナイテッド千葉)、ハーフナー・マイク(現ヴァンフォーレ甲府)、太田宏介(現・名古屋グランパス)を見てきたオランダ人記者が今、ズヴォレ担当をしています。その彼がシーズン前半戦の際選手を見て「日本代表に入れるんじゃないか」と褒めていました。

「それは本当にうれしいですね。もちろん、その準備はできています」


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月12日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。