久保建英を「爺さん」と監督が賛辞。現地紙はメッシと比較しての評価も

 2019-20シーズンのリーガ・エスパニョーラ。6月4日に19歳になった久保建英(マジョルカ)の進撃は目覚ましい。

「久保の活躍は喜ばしいよ」

 マジョルカのビセンテ・モレーノ監督は言う。

「私は、彼を”久保爺さん”と言っている。それは久保が年齢以上に老成しているからだ。いつも明確なアイデアを持ち、視界が開けている。また、重要な選手でありたいという気持ちが強く、入団した時と比べて、まったく違う選手に成長している。プレーヤーとして、あらゆる側面で改善している。とてもいい未来が待っているだろう」

久保建英を「爺さん」と監督が賛辞。現地紙はメッシと比較しての評価も

今季は残り11試合。1部残留を目指すマジョルカの久保建英

 手放しに近い賞賛である。

 2019年、FC東京での成長・進化も信じられないほどだったが、スペインでもその曲線の角度は落ちていない。

「マジョルカはリーガ最弱の戦力で、2部、1部と2シーズン続けて昇格したチームだけにチームの絆は分厚く、極端に守備重視」という見方が一般的だ。

 久保が失敗したとしても、エクスキューズになる要素ばかりだった。だが、彼は圧倒的な技術力でチームメイトを納得させた。攻撃の旗手として、強靭な精神力でチームを引き上げ、軽やかに壁を乗り越えたのだ。

 単純に考えても、18歳の日本人選手がリーガ1部でポジションをつかんでいることは奇跡と言える。少なくとも前例がない。久保は歴史を作っているのだ。

 では、19歳になった久保の来季ベストチームはどこか?

 コロナ禍によるリーグの中断を経て、6月11日のセビージャダービーで再開したリーガは残り11試合となる。その結果次第で、久保の価値は大きく変動する――。

 いずれにせよ、レアル・マドリードが所有するパスを手放すことは考えられない。その点、噂されたフランスのパリ・サンジェルマン移籍の可能性は低いだろう。移籍金3000万ドル(約33億円)は、安すぎる。

 ただし、久保をレアル・マドリードに復帰させるのは、現状ではタイミングとして早いのかもしれない。トップでの出場機会は十分にあるが、外国人枠を使うことにもなり、継続的に試合を重ねるには、もう1シーズン、スペイン国内のクラブで”武者修行”したほうが得策だろう。国外のクラブも視野には入るが、オランダやフランスではリーグのレベルが落ちてしまい、それはドイツでも変わらない。国内で、マジョルカ以上の戦力のチームになる公算が高い。


あわせて読みたい

久保建英のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事をもっと見る

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「フェルナンド・トーレス」のニュース

次に読みたい関連記事「フェルナンド・トーレス」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月13日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 久保建英 U-20ワールドカップ
  2. 久保建英 バルセロナ

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。