八重樫幸雄が現役最強キャッチャーを選出。あの決勝戦での好リードが決め手
拡大する(全3枚)

八重樫幸雄が現役最強キャッチャーを選出。あの決勝戦での好リー...の画像はこちら >>


「オープン球話」特別編 
八重樫幸雄が読者の質問に答える!後編

前編はこちら>>

【八重樫幸雄の「オールタイムベストナイン」を発表!】

――では、前回に続いて読者からの質問に答えていただきます。前回は「歴代ヤクルトベストナイン」を伺いましたが、今回は東京都の「かずちゃん」からの、「歴代ベストナインを教えてください」にお答えいただけますか?

八重樫 これも難しかったけど、まずは先に発表しますね。

1(中)福本豊(阪急)
2(右)蓑田浩二(阪急)
3(一)王貞治(巨人)
4(三)長嶋茂雄(巨人)
5(捕)古田敦也(ヤクルト)
6(左)若松勉(ヤクルト)
7(二)辻発彦(西武)
8(遊)宮本慎也(ヤクルト)
9(投)江夏豊(阪神)

 前回の「歴代ヤクルトベストナイン」と一緒で、今回も「自分の目で見たことがある選手」を基準に選びました。

―― 一番、二番の福本&蓑田は阪急黄金時代、三番、四番の”ON”は巨人V9時代ですね。そして古巣のヤクルトからは3名で、ピッチャーは阪神時代の江夏さんというラインアップです。選考はスムーズでしたか? 難しかったですか?

八重樫 ONはやっぱり外せないですからね。この2人はなんの問題もなかったです。迷ったのは、ライト・蓑田、セカンド・辻、ショート・宮本。このあたりかな?

八重樫幸雄が現役最強キャッチャーを選出。あの決勝戦での好リードが決め手

読者の質問に答えた八重樫氏 photo by Hasegawa Shoichi

――具体的に、誰との兼ね合いで迷ったのですか?

八重樫 ライトに関しては高橋由伸(巨人)が捨てがたいんですよ。守備も打撃も、チームに対する影響力も含めたトータルで考えると、ひょっとしたら由伸のほうが上かもしれない。でも、1970年代の阪急の外野陣は本当に鉄壁だった。ヤクルトが初優勝した1978(昭和53)年日本シリーズの相手が阪急だったけど、福本&蓑田の外野陣は本当に脅威でしたから。そのイメージが強く残っているので蓑田を選びました。

――では、セカンドとショートについては?

八重樫 セカンドは辻と山田哲人(ヤクルト)とで迷いました。バッティングを含めたら山田を選ぶべきかもしれない。でも、西武黄金時代の辻の守備も鉄壁でしたからね。これも、1992(平成4)年の日本シリーズで、辻の守備でヤクルトが負けた印象が強く残っているせいかもしれないけど(苦笑)。ショートに関しては、守備だけでいえば慎也ではなくて、阪急の大橋(穣)さん。トータルで考えて慎也にしたけど、それでも迷うぐらい大橋さんの守備は天下一品でしたね。

【現役最強キャッチャーは……】

――神奈川県の「勇者マサヒコ」さんからは、「現役時代、対戦していちばんすごいと思った投手は誰ですか?」という質問です。「歴代ベストナイン」の結果を見ると、阪神時代の江夏さんが最強投手でしたか?

八重樫 阪神時代の江夏さんは手も足も出ないほどすごいピッチャーでしたよ。スピードというよりはキレですね。回転数がほかの投手とはまったく違いました。それにコントロールが抜群。あれだけ狙ったとおりに投げられるピッチャーは、江夏さん以外にはいないんじゃないかな? のちに南海から広島に移籍して再び対戦したけど、広島時代は経験で抑える技巧派になっていましたね。でも、阪神時代の江夏さんはもう本当にすごかったです。


この記事の画像

「八重樫幸雄が現役最強キャッチャーを選出。あの決勝戦での好リードが決め手」の画像1 「八重樫幸雄が現役最強キャッチャーを選出。あの決勝戦での好リードが決め手」の画像2 「八重樫幸雄が現役最強キャッチャーを選出。あの決勝戦での好リードが決め手」の画像3