期待のディープ産駒レッドジェネシス。友道調教師も「いい走り」と強調

厳選!2歳馬情報局(2020年版)
第5回:レッドジェネシス

 2005年に史上6頭目の牡馬クラシック三冠を成し遂げたディープインパクト。歴代最多タイとなるGI通算7勝を挙げるとともに、記憶に残る衝撃的なレースを繰り返して、2006年、多くのファンに惜しまれながら引退した。

 しかし、この馬の偉業はそれで終わることはなかった。種牡馬としても、類を見ない才能を発揮したのである。

 2010年に初年度産駒がデビューすると、まずは2歳馬の種牡馬リーディングを獲得。2012年には全体の種牡馬リーディングでも1位となって、以降、その座に君臨し続けている。

 世に送り出したGI馬も数知れず、2009年生まれのジェンティルドンナは牝馬三冠を達成。”怪物”オルフェーヴルを下してGIジャパンC(東京・芝2400m)を制すと、海外GIのドバイシーマクラシック(UAE・芝2410m)なども勝利し、父と同じくGI7勝を挙げた。

 その後も、数多くのクラシック馬を出して、ダービー馬に関しては、今年のコントレイルを含めて6頭も輩出。そのコントレイルは無敗の二冠馬となって、父と同じ三冠馬になれるのか、この秋のGI菊花賞(京都・芝3000m)へ向けて、大きな注目が集まっている。

期待のディープ産駒レッドジェネシス。友道調教師も「いい走り」と強調

レッドジェネシスの父、ディープインパクト

 こうして、父サンデーサイレンス同様、歴史的な大種牡馬となったディープインパクトだが、昨年7月に急逝。そのため、残り少なくなったディープ産駒への注目度は一段と増している。

 もちろん、今年デビューする2歳馬たちもそうだ。そして、この世代で話題のディープ産駒がまもなく初陣を迎える。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。