天才ケーシー・ストーナーの歩み。「よく転ぶライダー」から王者に

天才ケーシー・ストーナーの歩み。「よく転ぶライダー」から王者に
拡大する(全2枚)

MotoGP最速ライダーの軌跡(3)
ケーシー・ストーナー 上

世界中のファンを感動と興奮の渦に巻き込んできた二輪ロードレース界。この連載では、MotoGP歴代チャンピオンや印象深い21世紀の名ライダーの足跡を当時のエピソードを交えながら振り返っていく。
3人目は、ケーシー・ストーナー。類まれな才能で圧巻のレースを繰り広げた彼の歩みをたどっていく。

 ケーシー・ストーナーは、最高峰クラスのMotoGPに昇格して2年目の2007年にチャンピオンを獲得した。

天才ケーシー・ストーナーの歩み。「よく転ぶライダー」から王者...の画像はこちら >>

2006年、LCR時代のケーシー・ストーナー

 紛れもなく、天才である。それは、シーズン全18戦中10勝を含む14回の表彰台獲得、という圧倒的な成績がなにより雄弁に物語っている。さらに言えば、そのシーズンはホンダからドゥカティのファクトリーチームへ移籍した最初の年でもあった。

 この卓越した成績が、彼のぬきんでた能力によるものであることは明らかだが、その事実を認めたがらない声も、実は07年当時には少なからずあった。

 ある者たちは、MotoGPの技術規則変更によりエンジン排気量が990ccから800ccになったことがドゥカティに利したからだ、とまことしやかに言った。またある者たちは、ストーナーは先進的な電子制御技術に頼った現代的なライディングの申し子なのだ、と皮肉ぶって評した。

 そんな斜に構えた半可通の言葉を聞くたびに、ストーナーのクルーチーフを担当していたクリスチャン・ガバリーニはいつも内心で苦笑していたという。実は、ストーナーは電子制御の介入をできる限り排し、右手首の繊細な感覚でスロットルを操作することを好むライダーだったからだ。彼の傍らでマシンセットアップの方向性を束ねるガバリーニは、彼のずば抜けたライディング技術を誰よりもよく知っていた。

天才ケーシー・ストーナーの歩み。「よく転ぶライダー」から王者に

才能溢れる走りで観客を魅了したストーナー

 11年に、ガバリーニはストーナーとともにホンダファクトリーのレプソル・ホンダチームへ移籍した。そして、そのシーズンも17戦中10勝を含む16回の表彰台獲得という圧倒的な成績でチャンピオンを獲得した。

 もはや、ストーナーの天才を疑う者はいなかった。だが、翌12年5月、フランスGPが始まる直前のル・マンサーキットで、ストーナーはその年限りで現役活動から退くと明らかにした。あまりに突然の発表だった。当時、ストーナーは26歳。11月の最終戦を終える時には27歳だが、その若さでグランプリシーンを去る決意をしたことに人々は驚き、大きな才能の退去を惜しんだ。しかし、いつもと同じ穏やかな口調で引退の決意を述べるストーナーの表情には、悔いのかけらも見えなかった。

 そんなストーナーが世界選手権へ初めてフル参戦をしたのは02年、16歳で250ccクラスにエントリーした時だ。

 当時の所属先は、かつて有力ライダーだったルーチョ・チェッキネロがプレイングマネージャーを務めるLCR(ルーチョ・チェッキネロ・レーシング)の250ccクラスチームだ。抜擢と言っていい。


この記事の画像

「天才ケーシー・ストーナーの歩み。「よく転ぶライダー」から王者に」の画像1 「天才ケーシー・ストーナーの歩み。「よく転ぶライダー」から王者に」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「MOTOGP」に関する記事

「MOTOGP」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「MOTOGP」の記事

次に読みたい「MOTOGP」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク