ホークスにまたまた期待の新星。栗原陵矢がブレイクまでに6年を要した理由

 ソフトバンクのチームリーダー・内川聖一が、開幕前の練習試合で21打数1安打と不振にあえぎ、まさかの二軍スタートとなった。そんな不測の事態が起き、ソフトバンクの一塁は捕手登録の栗原陵矢(りょうや)が務めている。

ホークスにまたまた期待の新星。栗原陵矢がブレイクまでに6年を要した理由

プロ6年目にして初の開幕スタメンを果たしたソフトバンク栗原陵矢

 若手、若手と思っていたら、もうプロ6年目。ここまでの5年間、一軍での通算成績は46試合に出場し、打率.196、1本塁打……この数字を鑑みれば、今シーズンは自らの”存亡”をかけた勝負の1年なのかもしれない。

 6月29日現在、9試合に出場して打率.359(39打数14安打)、1本塁打、9打点、出塁率.419と大健闘を見せている。

 もともと”面”で打てるバッターだと思っていた。バットをテニスラケットのように使って、インパクトで相手投手にしっかり面を見せてミートする。つまり、ピッチャーの投げるボールを”線”でとらえることができるからミートの精度が高く、すぐれたアベレージヒッターの資質を持ったバットマンと見ていた。

 ファームでタイミングよくバットの芯でとらえていたら、それだけで3割近いアベレージは残せたはずだ。しかし、いつまでもスリムな体型で、せっかくミートしても140キロ台後半のボールに力負けしてしまう。それが昨年までの栗原だったのではないか。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュース

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月30日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。