福田正博が考察。久保建英の成長に理想的な来季のクラブは?

福田正博 フットボール原論

■再開後のラ・リーガで、1試合ごとの活躍ぶりが注目されている久保建英。来季はどこでプレーするのかも話題となっている。福田正博氏が、今季の久保のパフォーマンスを振り返り、今後の成長に理想的な来季のクラブを考える。

 久保建英がスペインに渡って、1シーズンが過ぎようとしている。Jリーグでプレーしていた頃に比べて、より速く、より強くなったと思う。

福田正博が考察。久保建英の成長に理想的な来季のクラブは?

マジョルカの1シーズンで着実な成長を見せた久保建英

 もし、いまの久保がJリーグでプレーしたら、格段に違いを見せつけるはずだ。移籍当初はラ・リーガの当たりの強さに苦しむケースも見られたが、シーズンが進むにつれて、普通にプレーしている。

 これは本当にすごいことだ。

 判断のスピードはもともとあったが、フィジカル面でたくましさを増して、ラ・リーガの激しい攻防のなかでも十分に持ち味を発揮できている。

 振り返れば、昨夏にFC東京からレアル・マドリードに移籍し、さらにレンタル移籍でマジョルカにプレー機会を求めた選択は、間違いではなかったと思う。

 久保がマジョルカ行きを決めた際には、Bチームでもレアル・マドリードに残ったほうがいいとする意見も少なくなかった。実質3部リーグを戦うBチームであろうと、レアル・マドリードという組織の中にいたほうが、Aチームへの道は開かれるとの考え方によるものだ。

 ただ当時から、この意見には懐疑的だった。なぜならBチームで経験を積んでも、それは実質3部リーグでの経験であり、ラ・リーガ1部のレベルを経験できるわけではない。そこからAチームに昇格したところで、今度は試合出場への壁が立ちはだかって、1部でプレーできる経験数は限られてしまう。結果的にトップレベルでの経験不足に泣くことになるように思えたからだ。

 それよりはレアル・マドリードから一時的に離れても、ラ・リーガの1部のレベルを実戦で吸収するほうが、久保にとっては大切だと思っていた。それだけにマジョルカでシーズンを送りながら、1部の試合を継続的に体感したことが、久保の成長につながったと思う。

 マジョルカでの久保は試合に出られない時期も経験しながら、そこを乗り越えて、最近の終盤戦ではチームに欠かせない戦力となった。そのうえで来季を見据えると、次は中堅クラブにステップアップするのが久保にとっては最良の道だと思う。

 もちろん、レアル・マドリードに復帰という話もある。だが、いまの久保にとって、もっとも必要なのは試合に数多く出場すること。ビッグクラブに戻ってしまうと、スタメンを確保できなければ、試合経験は限られたものになってしまう。

 選手のクオリティーが高いビッグクラブの練習は、参加するだけでも刺激は多く、得るものもあるだろう。しかし、久保の成長を考えれば、それよりも試合に出場する経験のほうが優る。だからこそ伸び盛りの時期は、試合に出られる環境を最優先に考えてもらいたい。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「フェルナンド・トーレス」のニュース

次に読みたい関連記事「フェルナンド・トーレス」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 久保建英 U-20ワールドカップ
  2. 久保建英 バルセロナ

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。