秋への飛躍につながるラジオNIKKEI賞。人気薄でもコース実績馬で勝負

秋への飛躍につながるラジオNIKKEI賞。人気薄でもコース実績馬で勝負
       

 7月5日、福島競馬場で3歳馬によるGⅢラジオNIKKEI賞(芝1800m)が行なわれる。

秋への飛躍につながるラジオNIKKEI賞。人気薄でもコース実績...の画像はこちら >>

前走の3歳以上1勝クラスを制したコスモインペリウム

 このレースは、GⅠ日本ダービーに出走できなかった馬などが「秋への飛躍」を期す一戦という位置づけになっている。近年では、2018年2着のフィエールマンが次走でGⅠ菊花賞を勝ち、昨年からはGⅠ天皇賞・春を連覇している。

 さらに遡ると、2009年3着のストロングリターン(2012年にGⅠ安田記念を勝利)、2007年2着のスクリーンヒーロー(2008年のGⅠジャパンCを勝利)、2006年2着のソングオブウインド(同年のGⅠ菊花賞を勝利)、名称が「ラジオたんぱ賞」だった2004年2着のカンパニー(2009年のGⅠ天皇賞・秋とGⅠマイルチャンピオンシップを勝利)など、敗れた馬からも多くのGⅠ馬が出ている。今年も将来性を感じさせる素質馬が多くスタンバイしており、見逃せない一戦になりそうだ。

 このレースで大きなポイントになるのは、福島コースでの実績だ。小回りで直線は292mと短く、先行力と器用さが必要になるコースで、東京や京都のような直線が長いコースとは大きく性質が異なる。そのため、コース実績がない人気馬の凡走、その逆の結果になることも多い。

 昨年9番人気で2着に入ったマイネルサーパスをはじめ、2017年9番人気で3着のロードリベラル、2015年12番人気で3着のマルターズアポジー、2014年5番人気で1着のウインマーレライ、2014年7番人気で3着のウインフェニックス、2010年6番人気で3着のレトといった人気薄好走馬は、福島で勝利経験があった。

 今年の出走馬で福島での勝利経験があるのは、コスモインペリウム、コンドゥクシオン、バビット、パラスアテナ、ベレヌスの5頭。どの馬にもチャンスはありそうだが、筆者が特に気になるのはコスモインペリウム(牡3歳/美浦・和田雄二厩舎)だ。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「福島競馬場」に関する記事

「福島競馬場」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「福島競馬場」の記事

次に読みたい「福島競馬場」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月4日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 福島競馬場 イベント

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。