横浜FCは「新しい日常」でチームを刷新。コロナ禍の影響は試合にも出る

       

横浜FCは「新しい日常」でチームを刷新。コロナ禍の影響は試合にも出る

北海道コンサドーレ札幌戦でゴールを決めた22歳の一美和成(横浜FC

 7月4日、ニッパツ三ツ沢球技場。メインスタンドからは横浜市立市民病院の大きな建物が見える。その窓には、「おかえりなさいJリーグ」「三ツ沢で心をひとつに!!」の文字が掲げられていた。医療従事者による心づくしの”祝福”だろう。一方、ピッチでは選手たちがセンターサークルに集まり、医療従事者へ感謝の拍手を送った。

 その光景はJ1リーグ再開を象徴していた。

 スタンドには関係者しかいない。そこにいるはずのサポーターの姿は、モニターに映し出されていた。報道関係者も「体調確認シート」の提出や検温などで30分以上、列に並んで万全を期しての入場だった。ステレオからは録音したファンの声援や手拍子が流されていた――。

 何もかも、今までとは同じではなかった。J1第2節、横浜FC対北海道コンサドーレ札幌の試合は「新しい日常」の形で始まろうとしていた。

「昇格した勢いで、どこまで序盤戦に勝ち点を稼げるか」

 今シーズン開幕前、横浜FCの関係者は口をそろえていた。勝ち癖がついていたし、戦い方も成熟していたはずで、開幕戦ではヴィッセル神戸から、敵地で貴重な勝ち点1を獲得したのだった。

 しかし、事情は変化していた。開幕から4カ月が経過。コロナ禍の特例で「降格なし」になったこともあるのか、昨年までの戦いをメンバーも含めて刷新されていた。小林友希、星キョーワァン、瀬古樹、一美和成、斉藤光毅など、20歳前後の若い選手が先発に名を連ねた。

 札幌戦は、慣れ親しんだ4-2-3-1から変更し、3-5-2を採用。中盤は佐藤謙介をアンカー気味、右アウトサイドのマギーニョが高い位置で”遊撃”を担い、若い一美、斉藤がトップで躍動する。ポゼッションの意識は相変わらず高く、GKもつなげることに徹していた。

 ただ、若返ったチームで、システムの未成熟度も出てしまう

 3分、2トップの一角に入ったルーキー、斉藤が深みをつけ、敵陣に押し寄せる。左からのクロスはクリアされるが、再び斉藤が拾う。しかし、コントロールミスでボールを奪われてしまう。

 札幌のカウンターは鮮やかだった。鈴木武蔵を起点にボールをつなぎ、攻め上がる。左サイドのチャナティップが2人を相手にクロスを折り返し、フリーでボールを受けた武蔵がシュートし、一度はブロックされたが、再び流し込んだ。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大分トリニータ」のニュース

次に読みたい関連記事「大分トリニータ」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月5日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. コンサドーレ札幌 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。