イニエスタは鳥栖の堅守を崩せるか。補強未完の神戸攻撃陣に不安あり

 J1リーグが再開した一戦で、ヴィッセル神戸はサンフレッチェ広島に0-3と完敗した。

 試合は予想どおり、神戸が主導権を握ったが、広島がしっかりとブロックを作り、神戸の攻撃を跳ね返す展開となった。

 相手がブロックを作って守ってくることは、神戸の選手もわかっていただろう。これまでなら、そこから徐々に圧力をかけ、アンドレス・イニエスタが一瞬のスキを突いて決定的なパスを出して先制する。それが神戸の勝ちパターンだった。

イニエスタは鳥栖の堅守を崩せるか。補強未完の神戸攻撃陣に不安あり

サンフレッチェ広島戦にフル出場したアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)

 しかし、広島はボールホルダーへの寄せが早く、神戸にチャンスらしいチャンスを作らせない。すると前半35分、広島が左CKをニアでハイネルがヘッドですらせたボールを、レアンドロ・ペレイラが押し込み先制する。

 神戸も前半終了間際に、イニエスタのスルーパスを受けた山口蛍の折り返しをドウグラスがフリーでシュートを打つが、DFに阻まれ、前半を0-1で折り返す。神戸はボールを支配していたが、ほとんど相手ペナルティエリアに入れなかった。

 後半3分、広島は川辺駿のスルーパスに抜け出した途中出場の浅野雄也が決め、リードを2点と広げる。

 ゴールがほしい神戸は、後半10分に渡部博文に代えて小川慶治朗、20分にセルジ・サンペールに代えて田中順也を投入する。すると、後半21分にドウグラスのフリーキック、後半31分にもイニエスタのミドルシュートとチャンスを作るが、いずれもGK大迫敬介に阻まれる。

 後半36分にレアンドロ・ペレイラがこの日2点目を決め、広島がトドメを刺した。終了間際の田中順也のボレーシュートも大迫に阻まれ、神戸は完敗だった。

 広島の方が一枚上だった。ブロックをしっかり作って神戸の攻撃を跳ね返した。スペースを与えず、少ないチャンスを確実にものにするしたたかさと、ゲーム運びのうまさは、神戸のサッカーを上回っていた。開幕戦では鹿島アントラーズに快勝しており、これで連勝。いいスタートを切った。

 この試合で気になったのはドウグラス。開幕戦よりは周りとの連係はよくなっている。ただ、彼は本当に神戸のサッカーに合うのかという疑問があるのだ。

 広島時代はツーシャドーの一角だった。清水エスパルス時代はFWだったが、どちらかというとサイドからのクロスに対してゴール前に飛び込んでくるタイプ。DFを背負ってもワンタッチで裏を取りシュートという形もある。周りにスペースがあった方が彼のプレーは生きる。つまり、カウンターのチームに合った選手ではないだろうか。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「イニエスタ + バルセロナ」のおすすめ記事

「イニエスタ + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「イニエスタ + 評価」のおすすめ記事

「イニエスタ + 評価」のおすすめ記事をもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月7日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. イニエスタ バルセロナ
  2. イニエスタ 評価

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。