イニエスタ、神戸に初勝利もたらす1本のパス。休ませたいけど休めない

       

 J1リーグ第3節、サガン鳥栖ヴィッセル神戸をホームに迎えた。ともに初勝利を狙う。

 鳥栖は、アンドレス・イニエスタ対策として原川力をシャドウからボランチに下げ、松岡大起とのダブルボランチにした。一方の神戸は、3バックを4バックに変え、前節のサンフレッチェ広島戦で裏を突く動きが少なかったことから、小川慶治朗を先発起用した

イニエスタ、神戸に初勝利もたらす1本のパス。休ませたいけど休めない

サガン鳥栖戦でゴールを決めたドウグラスと駆け寄るアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)

 試合は予想どおり、神戸が主導権を握り、鳥栖がブロックを作って守る展開となった。中3日ということもあったのか、お互いに慎重な立ち上がりだった。

 チャンスらしいチャンスがないまま試合が進み、最初にビックチャンスを迎えたのは神戸だった。前半26分、イニエスタが古橋亨梧に縦パスを送ると、そのままペナルティ・エリアの中に走り込んだ。古橋からパスを受けた酒井高徳の左からの折り返しに、フリーで左足を合わせたが、これはうまくミートせずGKの正面に飛んだ。

 前半41分には、右コーナーキックのこぼれ球を酒井がボレーシュートを決めたかに見えたが、オフサイドポジションにいた小川がプレーに関与したとしてノーゴールに。試合は0-0で前半を折り返す。

 後半に入ると、鳥栖は前節の大分トリニータ戦と同じようにFWエンゾ・ロペスに代え林大地を投入。すると立て続けにチャンスを作る。後半4分、右からのクロスのこぼれ球を本田風智がシュート。5分にもチアゴ・アウベスのクロスに対して本田がフリーでヘディングシュートを狙うがミス。さらに6分にもチアゴ・アウベスのスルーパスから林がシュートを打つがGKに阻まれる。試合は完全に鳥栖ペースとなった。

 流れを変えたい神戸は後半15分、小川に代え田中順也、古橋に代え藤本憲明を投入。さらに後半29分にはセルジ・サンペールに代え郷家友太を入れる。

 すると後半30分、ビックプレーが生まれる。山口蛍の縦パスを郷家がヒールでイニエスタへ、イニエスタはダイレクトで裏へ意表を突くパス。するとドウグラスがジャンピングボレーを決め、神戸が先制する。

 1点をリードした神戸はその後、得意のパス回しで時間を使い、そのまま逃げ切り今季初勝利を挙げた。

 前節の広島戦同様、神戸は相手の守備に手を焼いた。前線で起点が作れない。ディフェンスの間にボールを入れならない。パスが回るのは中盤から後ろ。シュートまで持っていけない。頼みのイニエスタも研究され、ラストパスをカットされる場面が多かった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「イニエスタ + バルセロナ」のおすすめ記事

「イニエスタ + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「イニエスタ + 評価」のおすすめ記事

「イニエスタ + 評価」のおすすめ記事をもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. イニエスタ バルセロナ
  2. イニエスタ 評価

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。