岡崎慎司、「勇者のゴール」で日本人得点記録更新。集中力は達人の域

「オカザキ(岡崎慎司)が、敵のアウェー無敗神話を打ち破るゴール!」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』は、そう見出しを打っている。

 リーガ・エスパニョーラ2部、第39節。7月8日、岡崎慎司を擁するウエスカは自動昇格を懸け、2019年6月以来、敵地での無敗を誇っていたアルコルコンと戦っている。ジンクスに守られた相手を打ち破るのは至難の業だ。

 しかし、日本を代表するゴールゲッターである岡崎は、それを見事にやり遂げた。

岡崎慎司、「勇者のゴール」で日本人得点記録更新。集中力は達人の域

7月8日のアルコルコン戦で決勝ゴールを決めた岡崎慎司(ウエスカ)

 前半終了間際、右からのライナー性のクロスだった。岡崎は敵ディフェンダー2人の間をすり抜けるように飛び込んで頭で合わせ、ゴールネットを揺らしている。技術的に、決して簡単ではないプレーだ。高速クロスに対し、正しいポジションを取り、適切なタイミングで飛び込み、的確に頭で合わせる必要がある。しかも、相手が必死に足を上げても、少しも恐れずに飛び込んだ。

 岡崎らしい「勇者のゴール」だった。

 これが決勝点になって2-1でアルコルコンを撃破。岡崎のウエスカは、自動昇格圏内である2位に暫定的に浮上した。

 来シーズン、岡崎は1部の舞台に立てるのか?

 今シーズン、岡崎はストライカーとして輝きを放っている。なにより、ゴールに対する集中力は達人の域と言える。

 第35節、首位を走るカディス戦だった。FKからのボールに岡崎はジャンプで合わせようとするが、クロスは頭上を越え、いったんは右サイド流れる。必然的に人が入り乱れていたが、岡崎は正しいポジションを取り、混戦から出てきた折り返しを、上半身を畳み込むボレーで正確にヒットし、ネットを揺らした。勘のよさも際立っていた。

 ゴールをするための技量も飛び抜けている。

 第37節、ラス・パルマス戦では、左サイドをドリブルで持ち上がるダビド・フェレイロと絶妙の呼吸を見せる。決して急がず、ふらふらとゴール前に上がりながら、スペースを探す。そして右利きのフェレイロが切り返し、やや近づいた瞬間、ディフェンスの背後に忍び込むように入り、右足で送られてきたクロスをヘディングで叩き込んだ。

 岡崎の身長は174cmで、けっして高いとは言えない。にもかかわらず、リーガ2部ではゴールの半数以上がヘディング。これは怖がらずに飛び込み、動物的な勘のよさもあるだろうが、天才的と言えるほどポジショニングとタイミングの取り方がいいのだ。


あわせて読みたい

岡崎慎司のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「岡崎慎司 + 日本代表」のおすすめ記事

「岡崎慎司 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「岡崎慎司 + 移籍」のおすすめ記事

「岡崎慎司 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「原口元気」のニュース

次に読みたい関連記事「原口元気」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 岡崎慎司 Instagram
  2. 岡崎慎司 レスター
  3. 岡崎慎司 年俸

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。