都城東の好右腕は「男気直球勝負」連発。宮崎は捕手も当たり年!

スポルティーバ厳選! 
高校野球 47都道府県の注目選手
宮崎編

 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を行なうことを決めた。宮崎も7月11日から「宮崎県高等学校野球大会2020」が開幕。白熱した戦いが繰り広げられるなか、活躍が期待させる好選手たちを紹介したい。

都城東の好右腕は「男気直球勝負」連発。宮崎は捕手も当たり年!

昨年夏の甲子園に初出場した富島は、今年も坂本龍太郎など逸材が揃う

 昨年のMRT招待試合で、一躍注目されたピッチャーがいた。都城東の有馬太玖登(たくと)だ。175センチ、80キロのどっしりした体格から力強いストレートが武器の本格派右腕。「どんなに(ストレートを)張られても、力で押すのが自分の形」と言い切るほど自信を持っている。

 この招待試合で、明石商(兵庫)の強力打線相手に140キロを超すストレートを連発。今秋のドラフト候補の目玉である来田涼斗も三振に打ち取った。

 宮崎シニア出身で中学3年時には全国舞台を経験。従兄弟には福岡ソフトバンクでプレーした有馬翔(2008年ドラフト4位)がいる。高校入学後は1学年先輩の武藤敦貴(楽天)を追いかけるように成長を続け、県内屈指の投手へと上り詰めた。

 ブレイクが期待されたが、コロナ禍の影響により予定されていた大会、練習試合が相次いでキャンセルとなり、思うようにアピールできないまま最後の夏を迎えた。

 練習が再開されてまもない5月末には、紅白戦で141キロをマーク。万全の状態で大会を迎えることができれば、昨年の招待試合を上回る衝撃をもたらしてくれるはずだ。

 この有馬と2枚看板を形成する和田颯斗(はやと)は180センチ、88キロの大型右腕。長身を生かした角度あるボールが武器で、最速は141キロ。また2年生右腕の長尾一輝も急成長を遂げており、さらなる飛躍が期待される。

 今年の九州は、「捕手の当たり年」と言えるほど注目キャッチャーが多数存在するが、なかでも大豊作なのが宮崎だ。

 まずは富島の大型捕手・坂本龍太郎。昨年秋の九州大会で、城北(熊本)の注目2年生右腕・永谷魁人(かいと)のカットボールを完璧にとらえ、レフトに特大アーチを放った。パンチ力あるバッティングも魅力だが、高い評価を得ているのは守備力。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月15日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。