滋賀の注目は近江の世代屈指の遊撃手。伊香、瀬田工にはドラフト候補の好投手も

       

スポルティーバ厳選!
高校野球 47都道府県の注目選手
滋賀編

 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を開く。滋賀では県独自の代替大会「夏季滋賀県高校野球大会」が7月18日よりスタート。白熱の試合が期待される中、注目選手を紹介する。

 いまや滋賀県内で無敵の近江。2018年の夏の甲子園ベスト8進出の原動力になった林優樹(現・西濃運輸)と有馬諒(現・関西大)のバッテリーは卒業し、メンバーはほぼ入れ替わったが、1年生の夏から正遊撃手として甲子園出場を経験した現チームの主将・土田龍空(りゅうく)が攻守で高いセンスを見せる。土田は今年6月の練習試合で、木製バットで本塁打を放ち、成長をアピールした。

滋賀の注目は近江の世代屈指の遊撃手。伊香、瀬田工にはドラフト候補の好投手も

世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)

 チームは、昨秋エース番号を背負った右腕・島滝悠真(はるま)を中心にどう継投していくかがカギになる。「この春に入学した1年生に楽しみな投手が多いので、積極的に起用したい」と多賀章仁監督は明言。島滝ら投手陣に加え、新戦力をどう起用していくかも見ものだ。

 強豪の滋賀学園は、右の巧打者・武川廉(れん)を中心に、四番の銘苅(めかる)隼人、俊足の中野蓮ら多彩な打者がそろう打線は県内屈指だ。武川は昨年秋以降、パワー、スピードが格段に上がり、プレーの精度をワンランク高めた。

 エースの田上友一朗は、小柄ながらキレのあるスライダーを武器とするサイドスロー右腕。2年生で最速146キロの速球が武器の右腕・阿字悠真らも控え、投手陣の能力も高い。昨秋は不完全燃焼で終わっただけに、この夏に掛ける思いは強いだろう。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月16日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。