岡崎慎司が何度も繰り返す基本の動き。ラ・リーガ昇格を決めたゴラッソ

       

サッカーIQラボ
~勝負を決めるワンプレー~

Question
この場面で岡崎はDFとどんな駆け引きをしたか?

 2019-20シーズン、岡崎慎司はドイツ、イングランドに次いで欧州3カ国目となるスペインの地に降り立った。

 そこは1部ではなく、1つ下の2部リーグ。岡崎にはカテゴリーを下げてでも"スペインに挑戦したい"という夢があった。

 慣れ親しんだレスターを離れ、憧れの地に赴くも早々トラブルに遭う。19年7月にマラガと契約をしたものの、クラブの規則違反から選手登録ができない状況に巻き込まれ、契約解除ののちに行き着いた先がウエスカだった。

 開幕から出遅れるも第4節からベンチスタートで出場すると、第6節からは不動のレギュラーとして試合に出続けた。レスター時代とは違い、久しぶりに"9番"のポジションで勝負ができることで岡崎は輝いた。

 そして1部昇格を決めた第41節ヌマンシア戦で、岡崎の真骨頂と言えるシーンが生まれる。

岡崎慎司が何度も繰り返す基本の動き。ラ・リーガ昇格を決めたゴラッソ

右サイドのラファ・ミルにスルーパスが入った。中央の岡崎は相手DFのマークをどのように外したか

 後半33分、ラファ・ミルが右サイドを抜け出すと、中央の岡崎が走り出す。ここから岡崎はどんな駆け引きをしただろうか?

世界の美女サッカー選手たちはこちら>>

Answer
ファーに一度逃げて、ニアに走り込む

 ストライカーの教科書どおりという鮮やかな駆け引きだった。ミケル・リコのスルーパスで、右サイドを抜け出したラファ・ミル。その瞬間に中央の岡崎は走り出した。

岡崎慎司が何度も繰り返す基本の動き。ラ・リーガ昇格を決めたゴラッソ

岡崎は、一度ファーサイドへ向かって相手を引きつけてから、ニアサイドへダッシュしマークを外した

 岡崎のマークについた相手DFのベルナルドは、やや前方でラファ・ミルと岡崎の両方を視野に入れながら並走。岡崎もラファ・ミルを見ながらベルナルドを視界の隅に捉えつつスピードに乗っていく。

 先に仕掛けたのは岡崎だった。動き出した岡崎はゴールに向かって直進せず、やや左斜めのファーサイドに向かって走っていた。それに気づいたベルナルドも体の向きを入れ替えてファーへと舵を取った。

 これが岡崎の駆け引きである。ベルナルドが向きを変え、ラファ・ミルがルックアップした瞬間、岡崎は動きを変えてニアに向かって一気に加速した。逆を取られたベルナルドは置き去りにされ、マークが外れた状態でニアに入り込まれた。

 マークを振り切った岡崎に、ラファ・ミルがプルバックのクロス。これがやや後方にずれるも岡崎は右足のヒールで叩いてゴールゲット。ストライカーのお手本となる鮮やかな動きに、ゴラッソのおまけつき。ウエスカはこれで3-0とし、勝利を決定づけた。

 岡崎はマインツ時代以来となるシーズン2ケタの12得点を記録し、ウエスカは2部優勝。1部昇格が決まったことで、契約1年延長のオプションが履行された。来季35歳を迎える岡崎がストライカーとしての姿を取り戻し、夢のラ・リーガ1部に挑戦する。

岡崎慎司のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「岡崎慎司 + 日本代表」のおすすめ記事

「岡崎慎司 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「岡崎慎司 + 移籍」のおすすめ記事

「岡崎慎司 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「原口元気」のニュース

次に読みたい関連記事「原口元気」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月3日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 岡崎慎司 Instagram
  2. 岡崎慎司 レスター
  3. 岡崎慎司 年俸

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。