福原愛は1枚の写真と共に五輪に挑んだ。日本卓球初のメダルへの執念

福原愛は1枚の写真と共に五輪に挑んだ。日本卓球初のメダルへの執念
       

関連記事>>石川佳純が目指すのは「最強のプレー」。東京五輪でリベンジを期す

PLAYBACK! オリンピック名勝負ーーー蘇る記憶 第37回 

スポーツファンの興奮と感動を生み出す祭典・オリンピック。この連載では、テレビにかじりついて応援した、あの時の名シーン、名勝負を振り返ります。 

◆ ◆ ◆ 

福原愛は1枚の写真と共に五輪に挑んだ。日本卓球初のメダルへ...の画像はこちら >>

2012年ロンドン五輪卓球女子団体で銀メダルを獲得した日本代表メンバー。左から福原愛平野早矢香、石川佳純

 1988年ソウル五輪から正式競技になった卓球。日本が初めてメダル獲得した2012年ロンドン五輪女子団体の銀メダルは、チームをけん引した福原愛にとっても、ひとつの集大成となるものだった。

 幼い頃から「天才卓球少女」と注目され、史上最年少の15歳でアテネ五輪に出場した福原は、05年から2年続けて世界最高峰の中国スーパーリーグに参加。05年ワールドカップでは3位に入り、世界卓球選手権団体も10年までの4大会連続銅メダル獲得に貢献するなど、実績を積み上げた。男子史上最年少の15歳10カ月で世界選手権代表になり、その後ドイツのブンデスリーガにも参戦した1歳年下の水谷隼とともに、福原は、日本卓球界を引っ張り、世界トップと争う原動力となってきたのだ。

 そうした中で、福原を追うように育ってきたのが、4歳下の石川佳純だった。中学進学とともに福原も所属したミキハウスJSC(ジュニア・スポーツ・クラブ)卓球部に入ると中学2年で日本代表候補入りし、07年世界選手権にはこちらも史上最年少の14歳で代表に。福原とペアを組んだダブルスで、09年モロッコオープンを優勝して以来、石川は各種大会で結果を残すようになっていた。10年7月のモロッコオープンでは、ITTF(国際卓球連盟)ワールドツアーのシングルス初優勝を果たした。

 そんな福原、石川の2人に加え、福原より3歳上で08年北京五輪代表だった平野早矢香も入ったロンドン五輪代表メンバー。大会直前の世界ランキングは個人戦にも出場する石川が6位で、福原は7位。団体のみの平野は18位で、チームランキングは中国に次ぐ2位。


あわせて読みたい

福原愛のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「福原愛 + 中国」のおすすめ記事

「福原愛 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

「福原愛 + 江宏傑」のおすすめ記事

「福原愛 + 江宏傑」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「江宏傑」のニュース

次に読みたい関連記事「江宏傑」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月3日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 福原愛 Instagram
  2. 福原愛 中国
  3. 福原愛 江宏傑

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。