オールカマーは実績よりも適性。穴党記者は斬新すぎる穴馬4頭を推す

オールカマーは実績よりも適性。穴党記者は斬新すぎる穴馬4頭を推す
       

 秋のGIシリーズ、古馬中距離戦線のステップレースとなるGIIオールカマー(中山・芝2200m)が9月27日に行なわれる。

 過去10年の1番人気の成績は、3勝、2着3回、3着1回、着外3回。比較的安定して結果を残しており、大波乱が少ないレースと言える。ちなみに、勝った1番人気の馬は、単勝2.0倍以下の馬。断然人気の馬がいれば、馬券の軸と考えていいだろう。

 しかし今年は、1番人気が予想されたフィエールマンが直前で回避。代わって、1番人気に推されそうなのは、昨年のGI秋華賞(京都・芝2000m)、GIジャパンC(東京・芝2400m)で2着となったカレンブーケドール(牝4歳)か、昨年の2着馬で今春のGI天皇賞・春(5月3日/京都・芝3200m)で3着となったミッキースワロー(牡6歳)か。

 どちらにせよ、単勝オッズが2.0倍以下の支持を得られるかどうかは微妙。軸にするには、心許ない存在と言える。現に、日刊スポーツの太田尚樹記者はこう語る。

「カレンブーケドールは、牝馬ながら牡馬相手に安定した成績を残していますが、今回は開催が中止となったドバイ帰りで、およそ7カ月ぶりの実戦。昨秋、3カ月以上の休み明けで臨んだGIII紫苑S(中山・芝2000m)でも3着に敗れていますし、目標はまだ先ですから、絶対視はできません。昨春のスイートピーS(東京・芝1800m)以来、勝ち切れていないという事実もありますからね」


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フィエールマン」に関する記事

「フィエールマン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィエールマン」の記事

次に読みたい「フィエールマン」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. フィエールマン 追い切り

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。