三原舞依がいるべき場所に戻ってきた。「この瞬間を待っていた」

三原舞依がいるべき場所に戻ってきた。「この瞬間を待っていた」
拡大する(全2枚)

関連記事>>三原舞依は難病にも負けず。体力を戻して憧れのプログラムに挑戦

三原舞依がいるべき場所に戻ってきた。「この瞬間を待っていた」...の画像はこちら >>

10月3日、フィギュアスケート近畿選手権SPを滑る三原舞依

 リンクに飛び出した三原舞依(21歳、シスメックス)は、小さくはずむようだった。黒いジャージに黒い手袋、鮮やかなピンクのドレスの裾がひらひらと見える。すでに体は温まっていたのか、すぐにジャージを脱ぐと可憐な全身が露わになる。肩を動かし、風に前髪が揺れ、衣装についた石が小さな星のようにきらめいた。息遣いが荒くなり、手袋も脱ぐ。残り1分になった練習、氷の上に乗っている時間を愛おしむように彼女は跳ねていた。

「まず滑る前ですかね。自分の名前を(会場で)コールしてもらって、試合に戻ってきたなぁ、というのが嬉しくて。先生に『いってらっしゃい』と言われて、『ただいま』という気持ちで氷に乗れたのが嬉しかったです」

 三原は、朗らかな表情で語った。約1年半ぶりの公式戦。彼女はいるべき場所に戻ってきた。

 10月3日、大阪府立臨海スポーツセンター。三原は近畿選手権のショートプログラム(SP)に登場している。病気を患い、リンクから離れざるを得ない日々だった。久しぶりの実戦で、試合を戦う勘や肉体が戻っていないのは当然だろう。

 しかし、氷の上に立つ三原は笑みを漏らしていた。

「まず練習再開が嬉しくて」

 その日を待ち望んだ三原は言う。

「試合が近づくにつれ、エントリーシートとかが配布されて、これから試合があるという嬉しさを感じて。楽しみでしかなかったです。よし、行くぞ!って。それでリンクに入る前、中野(園子)コーチには、『絶対できる、最後まで笑顔で』って言われて。ああ、この瞬間を待っていたんだって思うと嬉しくて」

 スケートへの愛が弾けていた。その勢いが、彼女に味方をしたのかもしれない。

 三原は、眠りから覚めた妖精のように舞い始める。3回転ルッツ+2回転トーループのコンビネーションジャンプを危なげなく成功。ダブルアクセルもきれいに降りた。3回転ループはわずかに乱れたが、プログラム使用曲「イッツ・マジック」で魔法をかけられたような、その世界に誘う引力を持った演技だった。無観客でなかったら、万雷の拍手が降り注ぎ、会場は温かさに満ちていただろう。

 演技後、両腕を高く上げた三原は、素直に喜びを表現していた。リンクサイドで中野コーチに抱き着き、頭を撫でられ、顔をくしゃくしゃにする。子供のような無垢さで、花を咲かせるような笑顔だった。

 得点は59.69点で、3位につけた。スコア以上に、記憶に残る復活の瞬間だった。

「この舞台に立たせてもらった感謝の気持ちを、プログラムに込めました」

 その言葉は、真摯な三原らしい。


この記事の画像

「三原舞依がいるべき場所に戻ってきた。「この瞬間を待っていた」」の画像1 「三原舞依がいるべき場所に戻ってきた。「この瞬間を待っていた」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

三原舞依のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「三原舞依」に関する記事

「三原舞依」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「三原舞依」の記事

次に読みたい「三原舞依」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク