意義深いコートジボワール戦。鎌田・伊東が南野・堂安を上回る点とは

意義深いコートジボワール戦。鎌田・伊東が南野・堂安を上回る点とは
       

 終了間際、植田直通のヘッドが決まり、コートジボワールに1-0で勝利した日本代表森保一監督の勝負カンが冴えた試合と言えるが、内容においても、4日前(10月9日)に行なわれたカメルーン戦(0-0)を上回っていたのは確かだった。

 コートジボワールは、2014年ブラジルW杯初戦で対戦した相手だ。日本はこのレシフェで行なわれた一戦において、1-2で逆転負けしている。惜しい敗戦ではあるが、内容的には40対60ぐらいに相当する順当負けだった。

 それから6年後にもたらされたこの勝利を、順当勝ちと言うつもりはない。試合を優勢に進めていたのはコートジボワールだった。とはいえ、6年前より両者の差は接近していたように見えたことも事実だ。ボール支配率は47対53。日本の進歩をハッキリと感じ取ることができた意義深い試合になる。

 コートジボワール戦の布陣は4-2-3-1で、スタメンの顔ぶれは、カメルーン戦から吉田麻也、冨安健洋、柴崎岳、中山雄太を除く7人が入れ替わっていた。選手を頭からこれだけ入れ替えても、前戦以上の試合ができたことは、層が厚くなったことを意味するわけで、素直に喜ぶべき話になる。

 なかでも活躍が目立ったのは、鎌田大地(1トップ下)と伊東純也(右ウイング)だ。鎌田も伊東も、言ってみれば、代表のスタメン候補ではない。現在、1トップ下の選手としてプライオリティが高い選手といえば南野拓実。右ウイングは堂安律だ。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月14日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。