スペイン人指導者が日本代表カメルーン戦に苦言。「ボランチは左右逆」

スペイン人指導者が日本代表カメルーン戦に苦言。「ボランチは左右逆」
       

「7人前後の選手が攻撃に関与してしまい、非常に危険だった。守備の準備が不足し、敵にスペースを明け渡していた。その点については以前も指摘したことがあるが、懸念される戦い方だった」

 スペインの目利き、ミケル・エチャリは日本代表のオランダ遠征、スコアレスドローに終わったカメルーン戦を分析している。

 2014年のブラジルワールドカップに向け、エチャリは日本について同じ不安を指摘していた。アルベルト・ザッケローニ監督が率いる代表は「自分たちらしさ」というお題目でひとつの形を作り上げたが、その過程で変質があった。攻撃ばかりで前がかりになって、手数を掛け過ぎ、守備がおろそかになった。そして警鐘を裏付けるように、本大会では攻守のバランスが崩れ、脆くも敗れ去った。

「言いにくいことだが、あえて言わせてもらいたい」

 そう語ったエチャリは、カメルーン戦をどのように見たのか?

スペイン人指導者が日本代表カメルーン戦に苦言。「ボランチ...の画像はこちら >>

柴崎岳とともにカメルーン戦でボランチを務めた中山雄太

「日本は前半、4-2-3-1の布陣で挑んでいる。だが序盤、堂安律がクロスを送るまで、ほとんど攻め込めていない。冨安健洋がいいカットを見せるなどしたが、攻撃はノッキングしていた。

 カメルーンは前半、4-1-4-1のフォーメーションで試合を優勢に進めている。サイドバックが幅を取ってボールを引き出し、サイドの選手が労を惜しまずに動いてそのサポートに入った。ディフェンスラインから丁寧にショートパスをつなぎ、ビルドアップができていた。中盤も数的優位を作って、長いボールで日本を脅かすシーンがあった。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月17日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。