巨人GM時代を振り返る鹿取義隆。「根本の遺産」を随所に見せつけられた

巨人GM時代を振り返る鹿取義隆。「根本の遺産」を随所に見せつけられた
       

根本陸夫外伝~証言で綴る「球界の革命児」の知られざる真実
連載第18回
証言者・鹿取義隆(3)

前回の記事はこちら>>

 打球は右中間に飛んだ。瞬間、スリーベースと判断した鹿取義隆はベースカバーに入るため三塁方向にダッシュ。ライトとセンターが必死に飛球を追うシーンが思い浮かんだが、振り返るとセンターの秋山幸二がグラブを構えている。そしてライトの平野謙がしっかりバックアップに入っている......。「本当かよ⁉︎」と鹿取は驚いた。

 1990年4月20日の近鉄戦。巨人から西武に移籍した鹿取が、初めて西武球場で登板した時のことだ。キャンプ中から野手の守備レベルの高さを感じてはいたが、公式戦で身に沁みて思い知った。助けられた本人が当時を振り返る。

巨人GM時代を振り返る鹿取義隆。「根本の遺産」を随所に見せ...の画像はこちら >>

2017年から2年間、巨人のGMを務めた鹿取義隆

「それまでのキャリアだったら間違いなくスリーベース。だからカバーに走ったんだけど、秋山が捕りに行っていて、『平野さん、えっ、バックアップ?』って。これはもう投げている者にしかわからないけど、完全な長打コースがアウトだから。すごいチームに来たな、と思った」

 新たに西武の抑えを任された鹿取だが、数多く三振を取るタイプではなく、バックの力に頼らざるを得ない。その点、当時の西武は内外野ともに鉄壁の守備力を誇り、鹿取とすれば「ホームランとフォアボールさえ避ければいい」と考えて登板できた。

 結果、移籍1年目に24セーブポイントを挙げ、最優秀救援投手のタイトルを獲得。2年ぶりの優勝に大きく貢献した。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュース

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月21日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。