南野拓実の問題点をイギリス人記者が指摘。ベストポジションはどこか

南野拓実の問題点をイギリス人記者が指摘。ベストポジションはどこか
       

「今年1月の入団当初に比べると、リバプールのプレースピードに慣れてきて、攻撃や守備の決まり事も身につけた。多くの点で成長していると思う」

 そう語るのは、英紙サンデー・タイムズのジョナサン・ノースクロフト記者である。サッカー部門の主筆を務める同氏は、プレミアリーグ開幕から2カ月が経過しようとしているリバプールの南野拓実について、次のように言葉をつないだ。

南野拓実の問題点をイギリス人記者が指摘。ベストポジション...の画像はこちら >>

CL第2節ミッティラン戦で先発した南野拓実

「前進はしている。だが、南野が進んでいる道には壁がある。現状として、ロベルト・フィルミーノのバックアッパーの立ち位置に収まっている。ポジションは、4−3−3のCFだ。

 しかし、このポジションが南野に合っているとは思わない。レギュラーのフィルミーノはフィジカルが強く、相手に激しく寄せられても、前線でボールをしっかりと足もとに収めることができる。

 だが、南野はタイプの異なるプレーヤーだ。動きながらパスを求め、スペースに滑り込んで、ワンタッチやターンで打開するタイプだろう。ムーブメント・プレーヤーと表現してもいい。その分、フィジカルはさほど強くない。相手の寄せと当たりの厳しいCFでは、持ち味を生かせないだろう」

 10月27日に行なわれたミッティランとのチャンピオンズリーグ第2節で、南野は4−3−3のCFとして先発した。しかし、苦戦を強いられた。前線でボールをなかなか収められず、相手の速い寄せでトラップが乱れるシーンも少なくなかった。


あわせて読みたい

南野拓実のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「南野拓実 + 日本代表」のおすすめ記事

「南野拓実 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「南野拓実 + 移籍」のおすすめ記事

「南野拓実 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「岡崎慎司」のニュース

次に読みたい関連記事「岡崎慎司」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月30日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 南野拓実 Instagram
  2. 南野拓実 年俸
  3. 南野拓実 日本代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。