南野拓実の問題点をイギリス人記者が指摘。ベストポジションはどこか

       

 前半にはクロスボールからヘディングシュートを1本打ったものの、「リバプールの攻撃が停滞した一因となった」(ノースクロフト記者)。後半は右FWにポジションを移したが、それでもインパクトを残せなかった。

 同記者は、南野の問題点をこう指摘する。

「リバプールの4−3−3でCFがボールを収められないと、チームとしても厳しい状況になる。それが、ミッティラン戦で露呈された。フィルミーノは、このあたりのプレーをそつなくこなしている。

 ただ、(身体の)線の細い南野に、この役割を求めるのは酷だろう。得意としているとは思えないからだ。プレスで敵に寄せていくのはうまいが、ボール保持時にガツンと敵に当たられると、もろさが出る。

 問題は、フィルミーノに合ったポジションと役割を、そのまま南野に当てはめていることだ。これでは、日本代表は輝けない」

 ノースクロフト記者は、「南野のベストポジションはトップ下」と主張する。「プレースタイルから考えれば、中盤中央の1.5~2列目がベストだろう。最前線に陣取るフィルミーノの後方、つまりトップ下から前方に飛び出していくタスクを与えれば、南野のよさは生きる」と力を込めた。

 だが、ここにも障壁がある。リバプールの基本形は4−3−3。トップ下を配する4−2−3−1は、あくまでもオプションに過ぎないからだ。

 ならば、4−3−3の両翼での起用はどうか。このポジションは、モハメド・サラーとサディオ・マネがレギュラー。ここに、移籍市場でポルトガル代表FWのディオゴ・ジョタが新たに加わった。ノースクロフト記者は言葉を続ける。


当時の記事を読む

南野拓実のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「南野拓実」に関する記事

「南野拓実」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「南野拓実」の記事

次に読みたい「南野拓実」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月30日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 南野拓実 Instagram
  2. 南野拓実 年俸
  3. 南野拓実 日本代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。