強いレスターの進化した攻撃が面白い。再び奇跡の優勝はあるか?

強いレスターの進化した攻撃が面白い。再び奇跡の優勝はあるか?
       

サッカーIQラボ ~勝負を決めるワンプレー~

Question
味方にパスが入る次の瞬間、ウンデルはなにを狙ったか?

 昨季、ブレンダン・ロジャーズ監督指揮の下、プレミアリーグでチャンピオンズリーグ出場権を最後まで争うほど復調を果たしたレスター。

 今季もクラブ史上初の開幕3連勝という絶好のスタートを切り、第3節ではマンチェスター・シティに5-2と衝撃スコアで下した。第6節を終えた時点で、4勝2敗の勝ち点12で4位と上々の位置につけている。

 現在のレスターは、ジェイミー・バーディーがいまだ絶対的なストライカーとして君臨しているが、かつてのように堅守速攻に偏重しているわけではない。

 中盤のジェームズ・マディソンやユーリ・ティーレマンスというクリエイティブな選手を中心に、ビルドアップから巧みに相手を崩すこともできる、モダンかつ強力なチームへと変貌を遂げている。

 そんなレスターの、アウェーでの第6節アーセナル戦。後半35分に0-0の均衡を破る決勝点が生まれた。

強いレスターの進化した攻撃が面白い。再び奇跡の優勝はあるか?の画像はこちら >>

中盤の味方にパスが入った。ウンデルは次の瞬間どんなプレーをしただろうか

 ティーレマンスが中盤でパスを受けた時、前線のジェンギズ・ウンデルがスペースに下りてきた。次の瞬間、ウンデルは何を狙っていただろうか?

【写真】海外サッカートップ選手の美人パートナー17人>>

Answer
相手の動きの逆を突いて、裏のスペースに抜け出した

 ウンデルが中盤のスペースに下りてくる時、相手のグラニト・ジャカとキーラン・ティアニーの間のポジションで、マークにつかれにくい位置を取ったのが巧みだった。ジャカとティアニーのどちらがつくか曖昧なままの状況で、ボールを受けたティーレマンスは前を向くことができた。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月30日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。