アーモンドアイの快挙を阻むのは?天皇賞・秋で穴党記者が推す3頭

アーモンドアイの快挙を阻むのは?天皇賞・秋で穴党記者が推す3頭
       

 GI天皇賞・秋(東京・芝2000m)が11月1日に行なわれる。

 牡牝で無敗の三冠馬が誕生し、その歴史的な快挙に沸く競馬界だが、天皇賞・秋でも偉大な記録が樹立されるかどうかに大きな注目が集まっている。1番人気が予想されるアーモンドアイ(牝5歳)が、日本競馬史上初の芝GI通算8勝を果たせるかどうか、である。

 過去10年の1番人気の戦績を見てみると、5勝、2着2回、3着1回、着外2回。比較的安定した成績を残している。しかも今年は、出走予定馬が12頭。少頭数での戦いになる分、紛れが少なくなり、アーモンドアイの快挙達成には有利に働きそうだ。

 そうした状況にあって、中日スポーツの大野英樹記者は「1番人気の成績からしても、穴党にとっては厳しい一戦です」と言う。そして、日刊スポーツの木南友輔記者も「アーモンドアイと、同じく人気サイドのクロノジェネシス(牝4歳)も、ともにGI直行ローテは得意ですし、明確な弱点は見つかりません」と話す。

 となると、穴党の出番はなさそうだが、「アーモンドアイだからといって、まったく隙がないわけではない、ということがこの一年の成績でわかってきました。激戦の間隙を突いて、アーモンドアイに迫れる馬を探したい」と大野記者。決してゼロではない波乱の可能性を示唆しつつ、アーモンドアイ絡みでも好配当が見込めそうな馬に狙いを絞る。

 そこでまず、大野記者が穴馬候補に挙げたのは、昨年2着のダノンプレミアム(牡5歳)だ。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「マカヒキ」のニュース

次に読みたい関連記事「マカヒキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「サトノダイヤモンド」のニュース

次に読みたい関連記事「サトノダイヤモンド」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スワーヴリチャード」のニュース

次に読みたい関連記事「スワーヴリチャード」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月30日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。