三原舞依はフィギュアスケートの求道者。共感を生む力強い魂

三原舞依はフィギュアスケートの求道者。共感を生む力強い魂
拡大する(全2枚)

三原舞依はフィギュアスケートの求道者。共感を生む力強い魂の画像はこちら >>

10月31日、西日本選手権フリー演技の三原舞依

 10月31日、京都アクアアリーナ。西日本選手権フリースケーティング、三原舞依(シスメックス、21歳)は氷の上で瑞々しく輝いていた。スケートの化身のように。

 冒頭の3回転ルッツ+3回転トーループの大技を、高い精度で決めた。ダブルアクセル、3回転フリップ、3回転サルコウと少しも淀(よど)みがなかった。スピンは、不要なものを全て削ぎ落としたようだった。鋭く低く回って、その可憐さが目を引き付ける。指先まで神経が行き届き、艶かしく腕が動いた。ジャッジもレベル4だった。

 そこから、まるで小さな爆発を起こすようにジャンプを跳ぶ。体を小さく畳んで、軸はぶらさず、空中で効率的な円運動を見せる。シングルアクセル+3回転トーループと、3回転ルッツ+2回転トーループ+2回転ループの連続ジャンプを危なげなく決め、3回転ループも成功。体力的にきついはずの後半のジャンプも、すべてクリーンに降りた。

 復帰3戦目にもかかわらず、フリーでは坂本花織をもしのぐ130.37点という1位のスコアを叩き出した。これによって、総合でも2位。今後に向け、また一歩、力強く歩みを進めた。

「まだまだ満足はしていなくて。ショート、フリーと納得するような演技はできていません。悔しさのほうが優っている」

 試合後、三原は実直に語った。

三原舞依はフィギュアスケートの求道者。共感を生む力強い魂

西日本選手権SPを滑る三原

〈スケートと向き合う〉

 彼女はそれを丹念に行なうことで、一つの境地に達しているのだろう。

「筋肉がほとんどない状態で、限りある筋肉を使って(のスケート)になるんですが。(酷使する)一部の筋肉は疲れやすくなっていて。それを取り除けるように、ストレッチしたり、トレーナーさんにケアしてもらっています」

 試合後、三原は現状を語った。難病との闘いを経て、ほぼ1年半ぶりに復帰した。満足できる体調であるはずはない。しかし復帰戦の近畿選手権から、確実に調子を戻しつつある。例えばショートプログラム(SP)の冒頭ジャンプも、3回転ルッツ+2回転トーループを3回転ルッツ+3回転トーループにし、難易度を高めて成功していた。

「体力的には、(復帰戦の)近畿(選手権)から戻ってきていて。今日は滑り終えた後、自分の足で立てていてよかったです(近畿では演技後にコーチに支えられた)。日々の練習の中でも、後半になると足が重くなることがまだあって。100%以上(のスケートを)できるように、栄養をつけて、体を動かし、アスリートの体に近づけたいです。スピードが足りなかったり、力が弱いと、演技が小さく見えるので」

 三原は自らに厳しく言うが、リンクの上を舞った華奢な体は、力強い魂を宿して躍動しているようだった。どこで力を出せばいいのか、いつ氷に身を任せればいいのか、感覚的に知り抜いているのだろう。出色の安定感だった。


この記事の画像

「三原舞依はフィギュアスケートの求道者。共感を生む力強い魂」の画像1 「三原舞依はフィギュアスケートの求道者。共感を生む力強い魂」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

三原舞依のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「三原舞依」に関する記事

「三原舞依」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「三原舞依」の記事

次に読みたい「三原舞依」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク