名門エスパルスの復活に何が必要か。不敵な19歳の躍動に見た希望の光

「いい守備からいい攻撃を」

 それが、清水のお題目になっていた。まず、攻撃に無理に枚数を掛け過ぎない。相手のビルドアップを許さないプレッシングを見せ、それが攻撃につながった。また、自陣に侵入された時も、センターバックを中心に堅い守りを見せ、その安定感がビルドアップの丁寧さにもつながっていた。そして守備の安定が、攻撃的才能を持った選手を後押ししたのだ。 

 この日、ピッチで最も輝きを放ったのは、2トップの一角に入った鈴木唯人だった。

 鈴木は19歳の高卒ルーキーながら、ボールを受け、運ぶ様子は泰然とし、不敵さすら映る。試合開始直後には前線でボールを受け、前を向いて寄せの甘さを見抜くと、右足を躊躇わずに振り切った。

 トップクラスでは、シュートを打つことそのものが簡単ではない。前節のコンサドーレ札幌戦でも、交代出場で4本のシュートを放っているが、アタッカーとしての素養があることは一目瞭然だ。

 先制点のシーンでは、左サイドに流れてボールを受けると、1対1を果敢に挑む。鋭いステップで縦に抜き切って、マイナスのグラウンダーパスを左足で折り返し、アシストを記録した。

「鈴木唯人がドリブルで相手を抉ってくれて。試合を通して脅威になっていたと思います。(自らのゴールも)お膳立てがすばらしかったですね」(清水・金子)

 鈴木は、ラインのはざまを漂うセンスが抜群に長けている。巧みにボールを呼び込み、前を向くのだが、その動きが自然で無駄がない。それ故、余裕を持って次のプレーを選択できる。高いレベルでプレーする資質を備えていると言えるだろう。後半になっても、ラインの間で受け、逡巡なく右足を振り、シュートはGKの手に収まったが、センスを見せつけた。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「清水エスパルス」に関する記事

「清水エスパルス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「清水エスパルス」の記事

次に読みたい「清水エスパルス」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 清水エスパルス 北川航也
  2. 清水エスパルス 日本代表
  3. 清水エスパルス 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。