たぶんメッシよりすごかった。マラドーナにあった猛烈なエネルギー

たぶんメッシよりすごかった。マラドーナにあった猛烈なエネルギー
       

 1986年6月22日。メキシコシティのアステカスタジアムは11万5000人の観衆で埋まっていた。メキシコW杯準々決勝。開始前、正面スタンドを背にして右側の2階席に陣取るイングランドサポーターは、その1階席を埋めるアルゼンチンサポーターに、ビニール袋に詰めた小便を次々と投下した。

 ビールのアルコール分が大量に混じる尿ほど臭いものはない。その挑発に怒り心頭に発したアルゼンチンサポーターは、すかさず上階へと駆け上がっていく。1階席と2階席の間の踊り場では派手な乱闘騒ぎが繰り広げられていた。

 イングランドとアルゼンチンは当時、フォークランド(マルビナス)諸島を巡り対立する紛争国同士の関係にあった。メキシコW杯準々決勝は、その代理戦争でもあったのだ。両軍にとってこの試合こそ「絶対に負けられない戦い」だった。

 当時のイングランドサポーターは、まさしくフーリガンだった。いまとなっては見かけることが少なくなった、見るからに危なそうな喧嘩大好き野郎たちである。メキシコシティの6月は暑い。試合前、ビールを浴びるほど飲んでいたイングランドサポーターの中には酔い潰れ、試合が始まる頃には寝てしまっている輩も多くいた。

 後半6分は、そんなフーリガンたちが目を覚ました時間だった。ホルヘ・バルダーノとの間でかわしたワンツー崩れが、走り込んだディエゴ・マラドーナの頭上に落下してきた、その瞬間だった。"神の手ゴール"が決まったのは。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「メッシ」に関する記事

「メッシ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「メッシ」の記事

次に読みたい「メッシ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. メッシ Instagram
  2. メッシ twitter
  3. メッシ アルゼンチン代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。