たぶんメッシよりすごかった。マラドーナにあった猛烈なエネルギー

 同時に、「いまならあのプレーはできるだろうか」と思う。マラドーナが現役なら、60メートル5人抜きはできるだろうか、と。当時のサッカー界には、プレッシングサッカーという概念はなかった。単純に下がって守ることがディフェンスだった。

 リオネル・メッシにはプレッシングをかいくぐる術があるが、マラドーナはどうなのか。メッシとマラドーナ、「すごいのはどっち」と、必ずやそこで自問自答している。答えはマラドーナで常に同じなのだが、実際に見てみたいという思いに毎度、駆られることも事実だ。メッシと同じ時代にマラドーナを見たかった。メッシよりマラドーナのほうが推進力、馬力、そして躍動感に富んでいたとう思うが、実際にはどうなのだろうか。

 マラドーナを初めて見たのは1979年、日本で開催されたワールドユース大会で、マラドーナはラモン・ディアスとともにアルゼンチンの2トップを張っていた。旧国立競技場のピッチを、ものすごいスピードで駆け抜けていた印象がある。

 次に見たのはその3年後だった。1982年スペインW杯。バルセロナのいまはなきサリアスタジアムで行なわれた2次リーグのブラジル戦で、マラドーナはブラジルのMFバチスタのお腹を蹴っ飛ばし、退場処分に課せられたシーンも脳裏から離れない。

◆「カレッカが語るマラドーナの仰天エピソード」>>

 準決勝で地元イタリアと対戦した1990年イタリアW杯も記憶に残る。舞台は当時、マラドーナが在籍していたナポリの本拠地サンパオロスタジアムだった。イタリア代表より、地元の英雄マラドーナ(アルゼンチン)に肩入れする観衆の多さに驚かされたものだ。当時の日本にはまったく存在しなかったクラブサッカーの文化に、マラドーナを通して触れることになった。カルチャーショックとはこのことだった。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「メッシ」に関する記事

「メッシ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「メッシ」の記事

次に読みたい「メッシ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. メッシ Instagram
  2. メッシ twitter
  3. メッシ アルゼンチン代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。