3強は絶対か? 穴党記者がジャパンCで「打倒3強」を託す穴馬3頭

3強は絶対か? 穴党記者がジャパンCで「打倒3強」を託す穴馬3頭
       

 2020年の東京開催もいよいよ最終週。フィナーレを飾るのは、史上最多の芝GI8勝をマークしたアーモンドアイ(牝5歳)、牡牝の無敗の三冠馬であるコントレイル(牡3歳)、デアリングタクト(牝3歳)の3頭が激突するという"ドリームマッチ"が実現したGIジャパンC(11月29日/東京・芝2400m)だ。

 その画期的な勝負に向けて、異常な盛り上がりを見せている競馬界だが、「3強」が並び立たないことは歴史が証明している。

 今回に似たケースとなる、1984年のジャパンCもそうだった。

 同レースには、前年の三冠馬で、直前のGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)を制したミスターシービーと、その同世代の好敵手で、この年のGI宝塚記念(阪神・芝2200m)の覇者であるカツラギエース、そしてこの年に無敗の三冠馬となったシンボリルドルフが出走した。

 ただ、当時のジャパンCではまだ日本馬の勝利がなく、外国招待馬が優勢だった。そのため、ミスターシービーこそ1番人気に推されたが、シンボリルドルフは4番人気、カツラギエースは10番人気と、これらがレースにおける「3強」ではなかったものの、日本を代表する3頭が強豪・外国馬にどう立ち向かうのか、大きな注目を集めていたのは確かだ。

 そしてレースは、カツラギエースが逃げ切り勝ち。シンボリルドルフが3着、ミスターシービーが10着という結果に終わった。つまり、「3強」が並び立つことなく、戦前の評価を大きく裏切る結末となったのである。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジャパンカップ」に関する記事

「ジャパンカップ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジャパンカップ」の記事

次に読みたい「ジャパンカップ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。