3強は絶対か? 穴党記者がジャパンCで「打倒3強」を託す穴馬3頭

       

 さらに、1年前の香港遠征直前と、この中間における共通点もあります。それは、調教時計の速さです。1週前には美浦のウッドコースで、外目を回って5ハロン65秒5-1ハロン12秒5という好時計をマーク。当時の出来と同じくらいに戻っています。

 それには、尾関調教師も『思った以上に時計が出ていて、やりすぎたかなと思ったくらい。そこに関してはいい傾向かな』と言って、明るい表情を見せていました。

 そもそも2400m戦は4戦3勝。本質的な距離適性は、アーモンドアイより上。関東馬ながら東京コースは初めてですが、一発への期待は大きいです」

 さて、木村記者にはもう1頭、注目馬がいるという。一昨年のレースで、アーモンドアイに次ぐ2着となったキセキ(牡6歳)だ。

「3強相手に勝ち切るとまでは言いませんが、まだまだ浮上する余地はあると見ています。前走の天皇賞・秋(5着。11月1日)のように、東京競馬場での決め手比べになってしまうと分が悪いのですが、一昨年のアーモンドアイの超絶パフォーマンスも、この馬のペースに持ち込んだからこそ。

 当時と同じような形で逃げる展開になると、楽しみです。大きく人気を落しそうですが、見限らないほうがいいと思いますよ」

 松田記者ももう1頭、気になる馬がいるそうだ。アーモンドアイと同じ国枝栄厩舎に所属するカレンブーケドール(牝4歳)である。

「同馬は昨年の2着馬。こちらもグローリーヴェイズと同様、今春はドバイ遠征の"カラ輸送"でリズムを崩してしまいましたが、この中間の上昇ムードは特筆モノです。その点については、国枝調教師も目を細めて、こう絶賛しています。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジャパンカップ」に関する記事

「ジャパンカップ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジャパンカップ」の記事

次に読みたい「ジャパンカップ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。