大久保博元と川崎憲次郎で意見の相違。 セ・リーグはDH制を導入すべきか

大久保博元と川崎憲次郎で意見の相違。 セ・リーグはDH制を導入すべきか
       

 今年の日本シリーズでソフトバンクが巨人に圧倒的な力の差を見せつけたこともあり、セ・リーグでもDH(指名打者)制を導入すべきかが議論の的になっている。

 日本シリーズではパ・リーグ勢が8年連続で勝利し、通算成績でも36勝35敗と勝ち越し。交流戦でもパ・リーグが通算1098勝966敗60分と大きく上回っている。

大久保博元と川崎憲次郎で意見の相違。 セ・リーグはDH制を導...の画像はこちら >>

日本シリーズ1、2戦でDH起用された亀井善行だったが結果を残せなかった

 セ・パの"格差"には様々な要因が考えられるなか、DH制がそのひとつではないか。そう指摘するのが、現役時代に西武、巨人と両リーグでプレーした大久保博元氏だ。

「パ・リーグは『何点取りますか?』という野球をやってきたのに対し、セ・リーグ は『何点に抑えますか?』という野球をやってきたので、どうしてもこじんまりとする。9イニングのうち投手が3回打席に立つと、3イニングは点が入らないという計算でいくことになります」

 1984年ドラフト1位で西武に入団した大型捕手の大久保氏は、1992年途中にトレードで巨人へ移籍した。

 当時、審判部はセ・パ各リーグの管轄で、アンパイアたちは2011年まで一方のリーグでしかジャッジしなかった。そんな時代にリーグを移った大久保氏は、"捕手視点"でセ・パに明らかな判定の違いを感じたという。

「僕がいた頃のパ・リーグは、ストライクゾーンがめちゃくちゃ狭かった。セ・リーグに行った時、『ここをストライクにとってくれるの?』『ここまで広いの?』と思いました。セ・リーグはストライクゾーンが広くてピッチャー有利になるから、ピッチャーのレベルが下がってくるわけです。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「大久保博元と川崎憲次郎で意見の相違。 セ・リーグはDH制を導入すべきか」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    投手が打席に立つとバントかアウトになるのが普通だと思うが 昔の巨人桑田 中日山本昌(打撃フォームが不格好だったが)の打撃が良かった 意外性の要素は残してほしい

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「埼玉西武ライオンズ」に関する記事

「埼玉西武ライオンズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「埼玉西武ライオンズ」の記事

次に読みたい「埼玉西武ライオンズ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月1日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。