チャンピオンズC、穴党記者がクリソベリルの刺客に指名した3頭とは

       

「『同厩舎は人気薄を狙え』は昭和の競馬の格言かもしれませんが、この馬にはその"金言"が当てはまりそうな気がしています。1週前の追い切りを終えて、クリソベリルについてはやや歯切れが悪かった音無秀孝調教師も、サンライズノヴァについては『よかったですね』とその動きのよさに表情を崩していました。

 2年前のチャンピオンズCでは6着に終わっていますが、『あの頃とは馬が違う。トモの甘さが解消されて、スタートを決められるようになった』と音無調教師が語っているように、このところは道中の位置取りも最後方というわけではなく、中団ぐらいに構えて競馬が運べるようになりました。今年はすでに重賞を2勝。充実した今なら、僚馬に迫って、かわすシーンがあってもおかしくありません」

 一方、太田記者は3年前にこのレースを制し、昨年も2着と奮闘した古豪を穴馬候補に推奨する。

ゴールドドリーム(牡7歳)です。昨年のレース以降、4着、6着、3着、6着と精彩を欠いていますが、『終わった』と決めつけるのは早計です。なにしろ、今年の2月に行なわれた海外GIのサウジカップ(6着。2月29日/サウジアラビア・ダート1800m)では、クリソベリルに先着。日本馬では、同馬に先着している唯一の馬ですから」

 さらに太田記者は、3着、6着に敗れたその後の2戦については「明確な敗因がある」と言って、ゴールドドリームの躍進に期待を寄せる。

「2走前のGIII平安S(5月23日/京都・ダート1900m)は、帰国初戦で本調子ではありませんでした。前走の地方交流GI南部杯(10月12日/盛岡・ダート1600m)は"鬼門"と言えるほど、相性の悪い盛岡での一戦。しかも、超高速馬場でしたから、度外視していいでしょう。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月4日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。