武術太極拳で世界一!
女優・山本千尋インタビュー(前編)

「撮影しながらも、迫力がスゴすぎて怖かった」

 カメラマンが撮影後につぶやいた。

武術太極拳で世界一も16歳で競技引退。山本千尋が葛藤のすえ選...の画像はこちら >>

競技用の剣を持参し、みごとな演舞を披露してくれた山本千尋さん

 今回、スポルティーバに登場してもらったのは、山本千尋さん。

今年9月にネット配信された話題作『誰かが、見ている』(主演:香取慎吾、脚本・演出:三谷幸喜)に粕谷あかね役で出演し、直近では『じっくりコトコト こんがりパン』のCMで「あのカワイイ子は誰?」と話題になっている女優さんだ。

 そんな女優さんに対してカメラマンはいったい何が怖かったのか。

 山本さんは武術太極拳で世界一にも輝いたことがある元アスリート。現在もその腕前は衰えておらず、4年前に配信された人気マンガ『キングダム』の連載10周年実写特別動画では羌瘣(キョウカイ)役を演じ、話題となった。

 今回、撮影を行なうにあたり、剣(競技用)を持参してもらい、みごとな演舞を披露してもらった。その鋭い動きと美しさはまさに圧倒的。

表情は真剣そのもので、目力など迫力満点。撮影していたカメラマンが思わずつぶやいたのが冒頭の言葉だった。

 山本さんが中国武術を習い始めたのは3歳の時。母親に連れられて武術の教室に行ったのが契機だった。

「母がもともと香港映画とかジャッキー・チェン、ジェット・リーの大ファンで。母は姉を教室に連れて行きたかったんですけれども、私が小さくて留守番をひとりでできなかったので一緒に連れて行ってもらったんです」

 すると、自身いわくの「あるあるパターン」に。

姉ではなく、妹が好きになり、そのまま16歳まで続けることになった。それほど中国武術にハマった理由をこう語る。

「とにかく体を動かすことが好きで、最初は自分が中国武術をしているという意識もなく、ただ遊びに行っているような感覚だったんです。小学2年生ぐらいの時には、一見みんな同じような動きをしているように見えるのですが、じつは人それぞれ性格や個性によって美しい動きをする子もいれば、力強い動きをする子たちもいると思うようになって。自分の内に秘めているものを表現するという競技で、魅力的だなと思ったんです」

 週6の頻度で教室に通い、学校から帰ってきては毎日3時間ほど練習した。

武術太極拳で世界一も16歳で競技引退。山本千尋が葛藤のすえ選んだ道

「それでも足りなかったので、その後1時間とか2時間は体育館じゃなく、外の河川敷みたいなところでも練習をしました。

学校が休みの日は、朝から晩まで練習していることが多かったです。

 自主練をする時は、陰のコーチとして私の両親がつきっきりで教えてくれました。両親は中国武術をしていたわけではないのですが、『見た感じはこっちのほうがいいんじゃないか』とか『こういう筋トレをしたらいいらしいよ』とかアドバイスをしてくれて。

 河川敷で練習していると、警察に通報されたこともあったんですよ。刀を振り回している子がいるぞって(笑)」

 毎日の練習の成果もあり、小6の時にはインドネシアのバリ島で行なわれた世界ジュニア武術選手権に出場。金メダル1つと銀メダル1つを獲得した。

「中国武術という大きなくくりのなかに武術太極拳があって、そのなかでも太極拳・南拳・長拳と分かれるのですが、その時、私は長拳のなかの素手の部門と槍が好きだったので槍術の部門で出させていただいて。長拳で2位、槍術で優勝することができました」

 初めての海外の大会でみごとな成績を収めたが、プレッシャーはなかったのだろうか。

「海外の審判に自分の演武がどういうふうに映るかというのが全くわからなかったし、それにきっと日本の観点とも違う。そういうことを考えると、失うものは何もない。恐れることも何もないと考えたんです。とにかく楽しもうと。

 それに、もしかしたらもう出られないかもしれない。それくらいのあっさりした気持ちで臨んだので全然緊張しなかったのを覚えています」

 その後、2010年から2012年にかけてJOCのジュニアオリンピックで長拳・剣術・槍術の3種目で3連覇を達成。2012年、高1の時には再び世界ジュニア武術選手権大会に出場し、槍術で金、長拳で銀を獲得する。

武術太極拳で世界一も16歳で競技引退。山本千尋が葛藤のすえ選んだ道

 しかし、ここでふと疑問に思う人もいるだろう。JOCの大会で3連覇をしながら、なぜ世界ジュニアの大会が小6の時以来になったのか。

「マイナーなスポーツだからこそ、いろんな人にチャンスをあげたいということで、中学時代にも出場した部門で優勝していたのですけれども、2位になった子が世界大会に出場することになったんです」

 競技の裾野を広げるためとはいえ、その不条理な決定に対し、競技を続けて行くことに対しての葛藤が生まれた。

そしてその気持ちの揺れはだんだんと大きくなっていく。

「優勝しているのに世界大会に行けないというのがとても悔しかったんです...」

 さらに、周囲の環境もその葛藤が深まる要素になっていた。

「やめたい!とまでは行かなかったんですけど...。どうしても中国武術となるとマイナースポーツのイメージで、どういう競技かわかってもらえないということがありました。それに、中学の時ほかのスポーツをしている子たちはみな、例えば『自分は野球をしているからこの高校に行きたい』とか推薦をもらえたりもしていて。そういう話を聞いていると、私もすごく好きな競技なのに誰にもわかってもらえないという悔しさやもどかしさがあって...。

 そこでなんだか反抗期みたいなことになってしまい、練習に身が入らなくなってしまったんです。でも、好きだから練習には行くという日々でした」

 そんな迷いがあった時、競技生活を続けるかどうかを考えるうえで、思いもしなかったターニングポイントが訪れる。

「『スター☆ドラフト会議』というテレビ番組に出させてもらったんです。その時はまだ世界大会に行く前でした。自分がミーハーというか田舎者だったので、『テレビに出られる!!』みたいな気軽な気持ちで出演したら、その後いろんなお仕事でお声がけをいただいたりして。新しい道を考える瞬間が生まれたんです」

 そんな葛藤や新しい発見があったなかで出場した世界ジュニア武術選手権大会が、競技生活の最後の大会となった。

「いろんな思いがあっての大会でした。『やっと行ける、世界大会に』って」

 世界大会に出場できた喜びなど様々な思いを胸に出場した結果、先ほども記述したとおりのすばらしい成績を残した。

 そして大会後、競技への思いを断ち切り、こう考えるようになる。

「中国武術をオリンピック競技にしたい。そのためにも自分が少しでも競技を広められる立場になりたい。そう思ったのが、女優を志すきっかけになったんです」

 16歳という若さで競技生活に別れを告げることを決断。一般的にはあまりにも早すぎると思われる"引退"。それに対してまわりの反応はどうだったのだろうか。

「正直みんなの本音はわからないですけど、誰からも反対はされませんでした。両親もビックリはしていましたけど、『いいじゃん』と言ってくれて。『応援するし、無理だったってくじけたら、いつでも帰ってくる場所があなたにはあるのだから、したいことに挑戦してみなよ』と。武術の先生が一番悲しむだろうなと思っていたのですけれども、コーチも逆に喜んでくれたんです」

 それは、「中国武術の魅力をもっと広めたい」という思いを知っていたからこそだったのだろうか。

「それもあると思います。『もっとビッグになってね』と言われました。それに『千尋はもっといろんなことを経験したほうがいいよ』とも言ってくれたんです。

 でも、じつは後から聞いた話だと、やっぱり私が選手を続けなかったことにすごく悲しんでいたみたいで。

 それでも、私に対しては『千尋が決めた道だから』って応援してくれたんです。今はまだ私のなかでまわりの人たちに恩返しができていない状況だと思っているので、もっともっと頑張らないとなって思っています」

(後編はこちら)

Profile
山本千尋(やまもと・ちひろ)
1996年8月29日生まれ、兵庫県出身
趣味:映画鑑賞、サイクリング、スポーツ
特技:中国武術、英会話、殺陣
舞台『INSPIRE陰陽師』(日生劇場/12月31日、1月2~6日)に出演