今シーズンのJリーグで、もっともインパクトを残した選手は誰か? と問われたら、川崎フロンターレの三笘薫の名前を挙げる人も多いのではないだろうか。12月22日に行なわれた『Jリーグアウォーズ』ではベストイレブンに選ばれるとともに、最多得票を獲得。

名実ともにリーグを代表する選手に上り詰めた。

三笘薫の「止められなかった」少年時代。相手監督もその才能に脱...の画像はこちら >>

三笘薫のジュニアユース時代。1対1の練習を繰り返し、ドリブルにこだわった ⒸKAWASAKI FRONTALE

 優勝した川崎において、背番号18の大卒ルーキーは異彩を放っていた。懐の深いボールキープ、足の長さを活かしたターン、変幻自在のドリブルで次々にチャンスをつくり、13得点、12アシスト。Jリーグの新人最多得点記録に並び、リーグ最多アシストを記録した。ルーキー離れした数字と言っていいだろう。

 地元・川崎が生んだニュースター、三笘薫はどのような少年だったのか? 川崎フロンターレのアカデミーダイレクターを務める後藤静臣氏の証言と共に、足跡をたどってみたい。

 三笘が川崎フロンターレのアカデミー(U-10)に加入したのは、9歳の時だった。小学4年生が中心となって選ばれるセレクションに、3年生で選ばれた。

「1期生として加入してきたのが三好康児(現・アントワープ/ベルギー)、板倉滉(現・フローニンゲン/オランダ)、岡田優希(町田ゼルビア)たちで、(三笘)薫は1つ下の学年でした。セレクションで見た時に、学年は1つ下でしたが、俊敏性があってドリブルも上手だったので、上の学年に混ざってもいけるだろうと思いました」(後藤氏、以下同)

 当時の監督は、フロンターレジュニアの黄金期をつくり上げた髙﨑康嗣氏(現・専修大学監督)、コーチは玉置晴一氏(現・U-15コーチ)が務めていた。ジュニアの練習場だった『フロンタウンさぎぬま』の支配人兼育成普及コーチを担当していた後藤氏は、5年生(U-11)を受け持っていた。

「薫は常に、1学年上のチームで試合に出ていました。当時は11人制でしたので、ポジションは主にボランチをやりましたが、ワイドでもプレーしていました。いまと同じように、ドリブルで相手を抜いていくプレースタイルでした。ジュニアの頃から、相手を止めてずらす、矢印(相手の狙い)を外す、重心を見ながら駆け引きするといったプレーはしていました。相手の逆をとることや、相手を外して自分が優位に立つプレーが好きだったと思います」

 練習前後には、のちにJリーガーになるチームメイトをつかまえて、ひたすら1対1に取り組んでいた。

「ジュニアの時は、1対1の練習をいろいろな局面でやりました。

相手を背負った状況での1対1や、どうやって早く前を向いて仕掛けるか、スペースをどうやって使うかなど......。当時から薫は上手なほうでしたし、個人練習ではよく1対1をやっていました。長谷川隼(現・カマタマーレ讃岐)や田中碧をつかまえて、ひたすらやっていた印象があります」

 三笘の1学年下の田中は「薫さん、やりましょう」と言って、1対1を挑んでいたという。

「(田中)碧は薫に対するライバル心があったように思います。それは外から見ていて、感じましたね」

 試合中、ドリブルで奪われても仕掛けるのを止めないので、チームメイトから「パス出せよ!」と言われることもあったというが、簡単には折れず、何度もトライしつづけたという。

「性格は、自分の信念を突き通す頑固さがありました。

目標に向かって取り組む責任感があって、負けず嫌い。ジュニアの時から『ドリブルを仕掛けるのはいい。でもボールを取られたら、自分の責任と思って奪い返そう』と言いつづけました。ボールを奪われたら、チームメイトともバチバチやっていましたし、味方に『ドリブルばかりじゃなくて、パスを出せよ!』と言われたら、『なんでだよ!』と言い返すような一面もありましたね」

 後藤氏が三笘の印象に残ったプレーとして挙げるのが、中学3年時のクラブユース選手権、ガンバ大阪との準々決勝だ。3-4の打ち合いの末に敗戦したのだが、三笘のドリブルが冴え渡り、相手を抜きに抜いて「シュートを打ってください」と言わんばかりのラストパスでアシストした。

三笘薫の「止められなかった」少年時代。相手監督もその才能に脱帽だった

ジュニアユース時代から、三笘は複数を抜いてみたり、味方を使ってワンツーをしてみたりと多彩だった ⒸKAWASAKI FRONTALE

「当時のガンバはタレント軍団で、クラブユース選手権で優勝したのですが、試合後に相手の監督さんが『ここまで崩されたのは、フロンターレさんが初めてですよ』と言って、薫を絶賛していたことを覚えています。
『止められなかったです』って」

 ジュニアユースの最高学年ともなると、ドリブラー三笘の存在は知れ渡るようになっていた。相手は三笘のドリブルを警戒し、人数をかけて対策してくるが、「相手がふたりで来たら、引きつけておいてアウトサイドのパスでワンツーをしたり、状況を見てドリブルを仕掛けるなどのプレーの使い分けは、中3の頃にはできていた」と、後藤氏は振り返る。

 今シーズンのJリーグで三笘が見せた印象的なプレーが、左サイドをドリブルで駆け上がり、右足のアウトサイドでゴール前を横切る軌道を描くパスだ。アウトサイドはキックモーションが小さいので、守備側からすると予測しづらい。

「アウトサイドはジュニアの時から使っていましたし、キックの練習もしていました。正確に蹴ることができれば武器になるし、相手にも読まれにくいです。

ジュニアユースの時は、右のアウトサイドを使ってワンツーをするプレーはよくやっていました。アウトサイドのクロスボールは、ユースの時に見たことがありますが、いまほどの精度ではなかった。おそらく大学に入って、磨いた技術だと思います」

 三笘はジュニア、ジュニアユース、ユースと、線の細さはありながらも「右肩上がりの成長を描いていた」(後藤氏)という。クラブはユース在籍時にトップへの昇格を打診したが、本人より「大学で鍛えてからにしたい」と申し出があり、クラブも承諾。向島建スカウトのサポートもあり、大学経由でのフロンターレ加入が決まった。その後の活躍は、語るまでもないだろう。

川崎Fが大卒選手を積極獲得する理由。強化担当が明かす3つのポイント>>

 たった1年でJリーグのトップタレントに上り詰めた三笘。注目を集めているのが、彼の去就だ。年齢を考えたら、海外移籍のリミットが近づいているのではないか。後藤氏は「海外からオファーがあるかどうかは知りませんが、クラブとしては三好も板倉も、本人の希望を尊重して、海外に送り出した経緯があります」と語る。

「薫はジュニアからの生え抜きで、三好につづいて、地元川崎から出てきたスターです。サポーターからの人気も高いですが、世界でプレーしたいという気持ちは、今の時代は誰しも持っているものなので、個人的には快く送り出してあげたいとは思いますし、クラブとしても『川崎から世界へ』を目標としてやっています」

 12月19日に行なわれたJリーグ最終節。川崎が誇る変幻自在のドリブラーは、後半開始から出場すると、2アシストを記録。逆転勝利の立役者となった。トータル12アシストで、リーグの『アシスト王』である。

 ドリブル、パス、そして決定力と三拍子そろい、向かうところ敵なしの三笘。右肩上がりの成長曲線を描く背番号18の今後はどうなるのか? その動向に、目が離せない。